上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高校時代のある日、弟がテレビで観ていたアニメ映画をたまたま後ろから覗いたのがそもそもの始まりだった。

魅力的なキャラクターの勇将、知将が登場する壮大な歴史絵巻物。
映画を見終わった後、さっそく原作の小説を読みあさった。

しかし、シリーズは未だに完結していない。

現在までのところ、11巻まで発刊されている。

著者の田中芳樹はこれから3巻は書くつもりらしい。

10巻から11巻が出るまで6年ほど要した。
未完のまま終わるのかと諦めたこともある。

完結まで、仮に、あと18年近くかかったとしたら、私は中年どころか壮年期にさしかかってしまう。

少年時代に読み始めた作品を読み終える頃には既におっちゃんって。。。私は浦島太郎か?

登場人物の年齢を次から次へと追い越していく悲しさったら。。。

病院で闘病生活を送っていた時、もはや諦めかけていたアルスラーン戦記10巻の発刊を知り、どれだけ心を弾ませたものか。

田中芳樹さん。アルスラーン戦記を書き終えるまで、どうか生きていてください。
スポンサーサイト
2006.01.25 さやか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。