上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もののけ姫が放送されていた。

「女が元気な村は良い村の証拠だ」
そう思う。

男が威張り散らさない村。
さらに欲を言えば、性別役割分担もなければ尚良いのに。現代社会なら可能でしょ。

男らしさ、女らしさの神話。

僕は大工作業よりも針仕事の方が良いなぁ。どっちも下手だけど。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

ラモス瑠偉や石田純一みたいな人は苦手です。
スポンサーサイト
メルマガ「よくわかる 韓国政治・社会情勢」第100号から引用

地下鉄5号線は金浦空港とヨイド、オリンピック公園などを結ぶ路線だ。

その5号線の雨装山駅に20代とおぼしき男女が乗り込んだのは、2月10日の午後のことだ。ドアの横の通路に立った二人のうち、男の方が口を開いた。

「こんにちは。私たちがここに立っている理由は、結婚式を挙げるためです。
私たちは孤児として育ちました。家族もいません。他の人のように、結婚式場で結婚式を挙げることもできません。それで、私たちが初めて出会ったこの地下鉄5号線で、結婚式を挙げることにしました。どうか皆さん、結婚式の参席者になってください。」

男の「私、新郎***は、新婦***を妻とし、生涯幸せに暮らすことを誓います」という言葉に続いて、鳴咽を続けていた女も「私、新婦***は新郎***を夫として、幸せに暮らすことを誓います」と涙ながらに声を振り絞った。

指輪を新婦の指にはめ、抱き合って鳴咽する二人に、乗客は一斉に拍手を贈った。一人の年輩の婦人が、二人の肩を叩きながら「幸せになりなさい」と言う言葉を残し、涙を拭いながら次の駅で降りていった。

この間1分25秒、一人の乗客がこの一部始終をケータイカメラに録画していた。それがインターネットで流されたのが2月14日のことだ。

韓国全土が、一瞬にして感動の嵐に包まれたといっても過言ではない。このカップルに新婚旅行の提供を申し出る旅行社、結婚式を提供するという結婚式場、ウェディングドレスの提供を申し出る企業がこぞって現れるばかりか、各政党までがコメントを発表する事態にまでなった。



... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。