上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.02.22 あれから12年
昨夜、今日の日のことを意識していた。
イ・ウンジュの命日、2月22日がやってくることを。
2005年2月22日。当日、ネットニュースで彼女がなくなったことを知った。
当時仲良くしていた韓国の知人も、私がお気に入りだった彼女がなくなったことを知り、驚いていた。

何故。

あまりにも突然だった。

本人以外にとっては。

あれから12年。

20代半ばだった彼女も存命であれば30半ばに。

どんな女優になっていただろうか。

あの時のまま時間は止まっている。

私はどうなんだろう。

干支が一回りして。

成長したのかな。

イ・ウンジュ演じるギョンヒは、映画の中で写真を愛好するようになっていた。

最近カメラを構えるようになった私が、彼女を再び思い出したのは、まさしくあの映画あってのことだろう。

どのようなえにしなのだろうか。

バンジージャンプすることになるのかな、私も。
スポンサーサイト
2016.02.22 一年ぶり
この記事は実は2017年2月22日に書いている。
そう、一年飛ばしてしまったのだ。

実際には昨年の今、この日を意識しなかったわけではない。
けれども、そこまでの強い意思が失せていたのは事実だろう。

映画「永遠の片想い」で、チャ・テヒョン演じるジファンが語っていた。
一日一日彼女たちのことを考える時間が短くなっていくと。

まさに、そういう状況だった。

そして、今。
2月22日。イ・ウンジュの命日。

何度目かはもう思い出せない。
ただ、この日が近づくたびに、彼女のことを思い浮かべるだけ。

私は一体いくつまで生きることが出来るのだろう。
2014.02.22 あの人の命日
また1年が経った。
あれから何年経ったのだろう。
もうすぐには思い出せない。

自分自身、もう歳を取ってしまったから。

彼女はいつまでも、永遠にあの歳のまま変わることはない。

その記憶すら、遠のいていきつつある。

今日というその日とて、忘れてしまいかねなかった。

イ・ウンジュよ。永遠に。

次、1年後、またこのブログに日記を書くことが出来るだろうか。

私自身、生きながらえることが出来るだろうか。
2013.02.22 悲しいことに
実は、これを書いているのは2月22日ではない。

それだけ、2月22日の重みが私の中で薄れていっているということなのだろう。

人はそうやって、過去を忘れていくのか。

それでも、覚えている間は書いておこう。

イ・ウンジュよ、永遠に。
また1年経った。
2月22日。
この日の記憶が薄れつつある。
それでも、可能なかぎりいつまでも覚えていよう。

イ・ウンジュよ、永遠に。
1年経った。
この間、更新をしなかったというのも驚きだ。
2月22日。
この日の記憶が薄れつつある。
こうやって、人は大事なものを忘れていくのか。
悲しいことに。

イ・ウンジュよ、永遠に。
あの人が亡くなってから、何年経つだろう。
一年、二年と、時が経つにつれ、悲しみが癒えていき、記憶が曖昧になっていく。

そのことが、
悲しい。

イ・ウンジュ。
イ・ウンジュよ永遠に。

私は忘れないよ。
2月22日。
2月22日。
イ・ウンジュが亡くなった日。
あれから3年たったね。
彼女の記憶はまだはっきりと残っている。
けれども、忙しさのあまり、危うく今日という日を忘れそうになってしまった。

悲しいね。
2月22日。
イ・ウンジュが亡くなった日。
あれから2年たったね。
でも、彼女の記憶はまだはっきりと残っている。
いつまでも生き生きと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。