上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKをつけたら、上から読んでも下から読んでも同じ名前の人、中村中が出ていた。
その名前は以前よりどこかで目にしたことがあったが、それが歌手であったということを初めて知った。
なんか、この人のまとっている雰囲気が気になって、ネットで調べてみたら、この人は性同一性障害であるとのこと。別にそれを知りたかったわけじゃないのだけどね。

魅せられたよ。

この人は槇原敬之が好きだという。
彼の歌の優しさが好きだと。
彼は傷ついてきた人であり、痛みを知っている人だと。

槇原敬之。僕もこの人は少し気になっていた。
この人の歌では「君」と「僕」が登場する。

それらは僕が使う一人称と二人称なんだよね。
ただそれだけのことなんだけど、僕はそれらの持つ響き、距離感、優しさが好きなんだ。
対等な感じ、同志というような。

そう言えば、森田童子もそうだったね。

「君」と「僕」の世界。

僕は好きだ。

けれども、「君」と呼ばれるのを嫌う人、世の中にはたくさんいるんだよね。

「上から見下ろされている気がする」「気取っている」などと言ってね。

そんなつまらない理由で、僕の元を去っていった人もいたな。

それでも、僕は好きだ。

「君」と「僕」の世界。

共に歌おう。友達の詩。



嗚呼、日々是相田翔子なり。

年齢的には、僕が塾で教えていた子の中に、この人がいてもおかしくなかったんだね。
あの年、あの子達と同じ歳の時、この人は友達の詩を生み出したんだ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。