上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.14 三沢が逝った
ノア社長、三沢光晴が死んだ。
試合中にバックドロップを食らって、頭を強打したとのこと。

何気なく、ネットでその速報記事を目にした時、我が目を疑った。

「何で三沢が死ぬんだよ。不死身の三沢が」

言葉が出ない。思考停止。
茫然自失。

信じられない。
スポンサーサイト
サスケ県議、知事選に意欲(引用記事:スポーツ報知【2007/02/04】)

 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議(37)は4日、共同通信の取材に対し、4月の統一地方選で行われる岩手県知事選について「出馬は大いに検討している。(県民の)選択肢を広げたい」と述べ、強い意欲を示した。後援会幹部と最終調整に入っており、近く結論を出す。

 サスケ氏は「先細る県財政の中、夢を追わなくては誰もついてこない」と強い指導力が必要だと指摘。「自民党や民主党という政党の時代ではない」とも述べ、県内の経済格差の解消のほか、全国や世界へ向けて岩手のPRに取り組みたいとの意向を示した。

 サスケ氏は2003年、県議選盛岡選挙区に旧自由党推薦で出馬し初当選。覆面姿での県議会出席をめぐり議論を呼んだ。4月の県議選には不出馬の意向を示していた。

 知事選には、民主党の達増拓也衆院議員(42)、自民党岩手県連推薦の元滝沢村長柳村純一氏(56)、共産党推薦の岩手県労働組合連合会元議長菅野恒信氏(61)ら4人が出馬表明。サスケ氏が出馬すれば無党派層の受け皿となる可能性がある。


勘弁して。
サスケ議員がHG弟子入り志願(引用記事:スポニチ【2006/05/09】)

 【ハッスル】13日の仙台「17」に向け、ハッスル軍の小川、HG、グレート・サスケが決起集会を行った。岩手県青少年問題協議会委員を務めるサスケ議員はHGのセンセーショナルな腰振りに共感し「若者の心をつかんだ魂の腰振りをオレにも注入してくれ」と弟子入りを志願。HGと2年ぶりのケッパレポーズを決め、団結を誓った。また、キャプテン小川は仙台決戦でモンスター軍に打撃を与える強力兵器を投入すると反撃を宣言した。

大仁田さんらに78万円賠償命令(引用記事:産経新聞【2006/04/29】)

打ち合わせにないプロレス場外乱闘でも顔けりはダメ
 プロレスの場外乱闘で顔面をけられて大けがをしたなどとして、プロレスラーのセッド・ジニアスさん(39)=本名・渡辺幸正=が、参院議員でプロレスラーの大仁田厚さん(48)と元プロレスラーの中牧昭二秘書に千五百万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁の野村高弘裁判官は二十八日、「顔面を力任せにけるのはプロレスではない」と述べ、大仁田さん側に七十八万円の支払いを命じた。
 判決によると、渡辺さんは平成十五年四月、大仁田さんらとのタッグマッチを開催。試合終了後、大仁田さんに対し、事前の打ち合わせのない場外乱闘を挑もうとした渡辺さんを、大仁田さんのセコンドを務めていた中牧秘書が押し倒して顔面をけった。
 野村裁判官は試合の勝ち負けなどについて「事前の取り決めがあった」と認定し、「プロレスでは、打ち合わせなしに相手を攻撃するのは許されないこと」と指摘した。
 そのうえで、中牧秘書が渡辺さんを押し倒したことは「渡辺さんの行為は事前の打ち合わせにない行き過ぎで、やむを得ない部分はあった」との判断を示したが、力任せに顔面をけることまでは「正当化する根拠がない」と述べた。
 さらに、「大仁田さんはセコンドの監督権限があり、使用者責任を負う」とした。
 中牧秘書は以前、プロ野球、巨人の桑田真澄投手の暴露本を書き、話題になった。


ボビーvsムルアカ因縁対決に前向き(引用記事:日刊スポーツ【2006/01/31】)

 ボビー-ムルアカの因縁対決が、K-1リングで実現? K-1の谷川イベントプロデューサーは30日、2人の対戦に前向きな姿勢を見せた。早ければ来月4日のWORLD MAX日本代表決定トーナメント(さいたまスーパーアリーナ)のリングも提供する方針だ。

 ボビー・オロゴンが25日、所属事務所で暴れた事件で、同僚のジョン・ムウェテ・ムルアカ氏との因縁が発生した。27日の反省会見で、いったんは手打ちしたものの、事件の真相は闇の中。2人の心中は、いまだ複雑なことが予想される。リング外の暴力は法律に触れるが、リング内ならまったく問題はない。K-1で実績のあるボビーはもちろん、209センチのムルアカ氏もコンゴの格闘技大会で無敗を誇る。谷川氏は「立ち技でもバーリトゥードでもいいですよ。2月(MAX)でも3月(HERO’S)でも、どこでもいい。プロモーターとしてはOKです」と、どこまでも異色の因縁対決実現に意欲的だった。



こうなると思った。ボビーが暴れ、ムルアカと乱闘騒ぎを起こしたというニュースを耳にした時にね。
プロレスファンだったら皆思ったでしょ。

別に、ブックを否定はしません。楽しかったら良いんです。
ガチかどうかとか、そういうくだらない議論もどうでもいいですから。たとえリアルファイトを謳っているK-1でもね。

ただ、実は曙よりも年上だったということだけは驚いた。

40目前で、あの体はすごいや。しかも素人なのに。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
新日本プロレスを子会社化(引用記事:デイリースポーツonline【2005/11/14】)

 プロレス関連のゲームソフト企画販売会社、ユークス(大阪府堺市)は十四日、プロレス興行大手の新日本プロレスリング(東京)を子会社化する、と発表した。~後略~



ガタガタだね、新日。もはや、業界の盟主というイメージすら幻想に過ぎない状態が実態なのかもしれないね。ドーム興業も打てないし。

嗚呼、日々是相田翔子なり。。
小橋・潮崎VS健介・中嶋

テレビで見ました。
健介と小橋のチョップ合戦。
壮絶です。

プロレスは素敵だ。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。