上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交通
 日本では教習所にて建前であっても車は横断歩道の歩行者をせき立てるような真似をしてはいけないと教わる。しかし、上海では車に乗る者が最高権力者なのだろう。歩行者が青信号を渡っていようとも、容赦なくクラクションを鳴らし、道を譲ることを迫る。わずか数日間の滞在で、私は自分の抱く信号の概念を覆された。赤信号だろうと、車が接近していなければ躊躇無く駆け抜ける。
 韓国のドライバーは運転が荒い。タクシーはおろか公共バスであっても、まるで遊園地の乗り物であるかのような運転で、不快を通り越して笑うしかない。しかし、上海は韓国の上を行っていた。日本人は空を飛びたくなったら上海でバスなりタクシーに乗ればいい。無重力の世界を体験することが出来るだろう。

きみも空飛ぶ豚になる。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。