上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分より収入の低い彼氏との結婚(発言小町より)

こんにちは。

「自分より低収入な彼との結婚」で悩んでいます。

私=大卒:29歳 年収:480万
彼=専卒:27歳 年収:350万

彼の会社だと、頑張ってもいまの私の収入に及ぶのは
難しいそうです。

もちろん、結婚して仕事をやめるつもりは無いですが、妊娠出産育児。。となると、どうしても私のほうに負担が(少なくとも産前産後は休む)かかってくると思うと、不安です。

彼のことは好きですが、好きだけで結婚生活が成り立つのか。

同じような状況の方もいらっしゃると思います。
皆さん、どのように考えを整理していますか?

スポンサーサイト
夫婦ってこんなもの?(発言小町より)

とっても無口な夫と結婚して3年。
初めは寡黙で新鮮でした。
夫に友人と呼べる人は無く、家族とも疎遠、家にいる間は仕事と読書とテレビばかり。
明らかに私の話に興味は持たず、自分からの話題の提供もなし。
こちらが黙ると怒っていると勘違いして余計に話しかけてこなくなってしまう。

夫の仕事中、39.5℃の熱が出て夕食が作れないから食べてきてとメールしたら、自分の分だけ買ってきて食べていました。
その日私は昼ご飯さえ食べていない状況です。

電話の一本もありませんでした。
私が流産の手術をする日、仕事の合間に合わせて送迎をしてくれました。
そばにはいてくれませんでした。

私が実家に帰っている間も、夫から電話はかかってきません。
子供がいないのに、体も夫からは求めてきません。
ただ夫は真面目で、浮気をしているとは思えません。

お金もちゃんとくれますし、欲しいものがあれば買ってもいいと言ってくれます。
ベタベタするばかりが愛情ではないと思っていても寂しいです。
夫婦の関係ってこんなものなんでしょうか?

昔の彼氏へのメッセージを小町で発表しませんか?(発言小町より)

むか~し大好きだったあの人へ、すっかり音信不通になっているあの人へ、今、言いたいことってありますか?
 私は7年前に大好きだった大学生の彼へ言わせてください!

 「すっかり社会人になって、ご活躍されていることと思います。
私は、実はあなたがずっと大好きでした。いまでも一番思い出すのはあなたです。私を楽しませることが本当に上手で、いつもとても好きでいてくれたって思います。でも、私は、いつもあなたと同じ方向を見ることを避けていました。わざと視線をはずして、はぐらかしていました。7つも年上の私は、あなたとどう向き合っていけばいいのか、いつもとまどって、好きな気持ちがばれるのが恥ずかしかった・・・。もっと、ぶつかり合える恋愛をしてみたかったです。
 面白いあなたへ、大好きな仕事に情熱を注いでいるようで、少し羨ましくもあります。そして、たくさん恋愛もしていることでしょう。H・Pのブログ、たま~に見てますよ。お互い、歳をとりましたね。もう二度と逢うことも、道ですれ違うこともないでしょう。私たちは、住む場所も、仲間も、感性も、遊ぶ場所も、読む雑誌も、違っています・・・。どうぞ、お元気で・・・。」


息子がいると将来は・・・(発言小町より)

ここを見ていると,いかに嫁・姑問題が多いのかと驚きます。もちろんひどい姑もいますが、中には姑というだけで毛嫌いしているお嫁さんもいると思います。そして他人だからこそ気を使っても、ほんのささいな事で絶縁になったりも多いですよね。
でも姑は大嫌いでも実母は大好き! だから孫も姑には一切会わせないが、実家には孫を連れてしょっちゅう・・・
私には息子(2歳)がいますが、将来はどれだけ気を使ってもお嫁さんに嫌われるんだなぁ、息子もめったに会えないんだなぁと、少し悲しくなります。
娘だけの人はおそらくこういう気持ちにはならないでしょうね。
今の時代、男の子だけだと将来一人になるのと同じだよ、と言われる事もあります。
息子がいる人はどのように思っていますか?

キャリア追求型夫婦は親になれるのか(発言小町より)

同じような経験をされた方、どうかご教示ください。女性の方も、男性の方も、よろしくお願いします。

結婚7年、2人とも32歳の夫婦です。連日終電、徹夜ありの共働きで、子供はいません。お互いの職場でのポジション・収入・やりがいなどはほぼ同等と想定してください。

最近子供を望むようになり、実現方法をめぐって頭を悩ませています。お互いが存分に仕事をしながら子も育てるというのが理想ですが、現実にはほぼ不可能なように思えます。

私たちは、どちらか1人の収入になっても何とかやっていけますが、どちらも離職する意思がありません。子供ができたことで夫婦に諍いが起きるくらいなら子供は諦めるつもりです。私たちのような夫婦が子供を望むのはわがままなのでしょうか。

お互いの意思を尊重しながら、どちらかが一方的に犠牲を強いられることなく子育てをなさっている先輩ご夫婦の方々に是非アドバイスをいただきたく、投稿しました。

妻に『気持ち悪い』と言われてしまいました。(発言小町より)

結婚して8年2児の父親です。
私には実姉、兄とおりまして、私自身は3人兄弟の末っ子です。
姉は既婚者ですが、子供がなく私どもの子供を可愛がってくれて週に一度は必ず電話がかかってきます。
遠方に住んでいますので、私と15分から30分ぐらい話をするのですが、3年ぐらい前から妻が姉からの電話に対してあまり良く思っていないという事を言われ喧嘩になってしまったこともあります。
でも私が留守のときは妻が電話で話してくれるし、年に2回の帰省のときも特に妻も姉と一緒に出かけたりと特に問題はないと思っていたのですが、つい先日妻に『パパたち姉弟ってはっきり言って気持ち悪い』と言われてしまい。
だからと言って電話してこないように姉に言う理由もなく
最近は週末の電話が来るたびに妻の視線を気にしながら
話すという状態で・・・
女性というのは同性に厳しいところがあるのでしょうか。
嫁姑問題とかありますが、母は私のところに滅多に連絡してくる人ではないので。
これからどのように対処していいか困ってしまいます。

君が逝ってからもう1年が経ったね。
昨日のことのように思い出せるよ。
記憶は褪せていないけれど、
時間もあの時のまま、止まったままだね。
メルマガ「よくわかる 韓国政治・社会情勢」第100号から引用

地下鉄5号線は金浦空港とヨイド、オリンピック公園などを結ぶ路線だ。

その5号線の雨装山駅に20代とおぼしき男女が乗り込んだのは、2月10日の午後のことだ。ドアの横の通路に立った二人のうち、男の方が口を開いた。

「こんにちは。私たちがここに立っている理由は、結婚式を挙げるためです。
私たちは孤児として育ちました。家族もいません。他の人のように、結婚式場で結婚式を挙げることもできません。それで、私たちが初めて出会ったこの地下鉄5号線で、結婚式を挙げることにしました。どうか皆さん、結婚式の参席者になってください。」

男の「私、新郎***は、新婦***を妻とし、生涯幸せに暮らすことを誓います」という言葉に続いて、鳴咽を続けていた女も「私、新婦***は新郎***を夫として、幸せに暮らすことを誓います」と涙ながらに声を振り絞った。

指輪を新婦の指にはめ、抱き合って鳴咽する二人に、乗客は一斉に拍手を贈った。一人の年輩の婦人が、二人の肩を叩きながら「幸せになりなさい」と言う言葉を残し、涙を拭いながら次の駅で降りていった。

この間1分25秒、一人の乗客がこの一部始終をケータイカメラに録画していた。それがインターネットで流されたのが2月14日のことだ。

韓国全土が、一瞬にして感動の嵐に包まれたといっても過言ではない。このカップルに新婚旅行の提供を申し出る旅行社、結婚式を提供するという結婚式場、ウェディングドレスの提供を申し出る企業がこぞって現れるばかりか、各政党までがコメントを発表する事態にまでなった。



... 続きを読む
夕方、何気なくテレビを付けるとバカリズムが映っていた。
「あ、そうやった。今日はR-1グランプリ決勝戦や」
ピン芸って難しいよな。ボケもツッコミも1人で処理しなきゃならん。1人で客席に向き合って、客をいじるでもなく、笑いをとり続けるのって本当に大変さ。特に、すべった時なんか客いじりに逃げたくなる気持ち分からないでもないもん。そこしかないっちゃから。

何組かがネタ見せを終えた後、CMに入る瞬間に芸人達のスタンバイ風景が映った。そこにいた1人の男に我が目を疑った。
「華丸や」

そう。博多華丸・大吉の華丸がそこにおったのさ。
福岡吉本のエースだね。

もうそろそろ良いキャリアだから、こういう若手の登竜門的番組には不似合いな面もなくもない。

けど、その反面、出た以上は、この無冠のベテランにぜひとも優勝を勝ち取って欲しいのは当然の感情。ましてや、我らが故郷、福岡の星やからね。

漫才のM-1では第1回大会に相方の大吉と共に出場して、準決勝で敗退した経緯がある。

福岡で一番面白い男達が準決勝敗退。これが福岡の限界か。

当時はそう落胆したもんだけど。

今回はピンでの出場。

問題のネタだけど、結構良かったよ。よく練習したんだろうね。非常にスムーズにやり終えた。

結果、優勝。

これから、彼らの運命は変わるのかな。老若男女誰からも愛される、そういうキャラクターの彼らだからぜひ全国区でもがんばって欲しいと思うけどね。

他の芸人と一緒に絡む番組を見ていて思うことだけど、彼ら人の良さが滲み出るんだよな。相手が後輩でも押しのけて自分が前に出るっていうことをしない。芸の世界で大成するのはなかなか難しいんじゃないかなと余計な心配をしてしまう。

今回のネタは、確かに面白かったけど、作り込んだ面白さなんだよね。咄嗟の瞬発力を求められるような面白さ、例えば、10秒大喜利のような場で、面白さを発揮できるかどうか、微妙なんだよな。相方の大吉の方がそっちでは力を発揮しそうだけど。

今後の健闘を祈る。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
... 続きを読む
KOREAN DEPARTに送り返した「外出」のDVD。もう一度新しいのが贈られてきました。この間約1か月か。長いこと待った。
パッケージは厳重に緩衝剤(通称プチプチ)で包まれている。さて問題の中身は。

またかよ。

DVD、1枚パッケージから外れていました。裏ひっくり返すと、、、

やっぱり。

無数の傷が。。。。

おいおい。

もういやだ。

DVD再生、、、、、

やっぱり。

一部、画像が乱れます。

もういやだ。

再度送り返す気力もない。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
先日注文したクロマチックハーモニカ。ついに届きました。
外観は子供の頃に吹いていたあのハーモニカと似たような感じだけど、やっぱりごっついですわ。4オクターブ出せるだけあって。
買って満足するという短所克服して、練習しなくっちゃ。
共働き給料削減条例案断念 「人件費対策は必要」 日田市長 国に不満も(引用記事:西日本新聞【2006/02/14】)

 日田市の大石昭忠市長は十三日、共働き職員の給料を二割削減する条例案の議会提出を断念した。総務省の「地方公務員法に触れる恐れがある」との見解を受けての判断だが、市長は会見で「人件費対策が必要だとの考えは変わらない」と強調。合併や国の三位一体改革で厳しい財政難に今後、労使双方が「市職員」としてどう対応するかが注目される。
 「賢明な判断をしていただいた」。大石市長の撤回表明について同日、総務省の林省吾事務次官は述べた。林次官は、同条例案が表面化した後の九日、「(地方公務員法が定める)生活給としての職務給の原則、平等取り扱いの原則とかに照らして適正に判断してほしい」と発言していた。事実上の撤回要請だった。

 地方公務員給与を規定した同法には「生計費、国、他の自治体、民間の給与などを考慮して定める」とある。これは一九六〇年に旧自治省が出した「国家公務員に準拠する」との通知で実現すると解釈されていた。つまり、国家公務員の給与レベルにあれば、民間からも不満はなく適正という当時の考え方だ。

 条例案発表後に、この通知の存在を知ったという市長は「甘かったかもしれないが、そんな昔の通知が厳然と生きているところは不満だ。自治体経営も臨機応変に行う必要がある」と述べた。

 日田市の財政は、昨年三月の合併で硬直化した。職員は四百七十人から七百四十人に増加。合併後十年で五百八十人にまで減らす予定だが、市財政課は「もう削れるのは人件費くらい。そうでなければ市民サービスが低下する」と訴える。

 総務省は八日、「国家公務員準拠」を廃止して地域の民間給与との均衡を重視する方針を示した。大石市長は「三月には報告書が出ると聞く。それを受け、市職員の給与について、新たな視点で検討できるようになるのではないか」と人件費削減に意欲を見せた。

 一方、市職員労働組合の羽野武男委員長は、条例案撤回に「当然の判断だが、人権に対する認識が低い。今後ただしたい」と不満を残している。


日田市職員の皆さんはひとまずほっと胸をなで下ろしているでしょうね。けど、財源不足どうすんだろう。
という記事を書き上げたのだが、例によってアップに失敗して全て消えてしまった。
再度書く気力はない。
要旨は、クロマチックハーモニカなるものを偶然知って、その魅力に魅せられたので自分も吹いてみたくなった。そして、さっそく通販で申し込んだ。
以上。
なんとまああっさりとした記事になったものだ。私の1時間、いったいなんだったんだ。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
日田市の共働き給料削減条例 4役給料10%削減加え 市長、制定に意気込み(引用記事:西日本新聞【2006/02/08】)

 日田市の大石昭忠市長は七日会見し、共働き職員の給料を削減する条例案を二十七日開会予定の定例議会に提出することを正式発表した。市長は自身を含む特別職四役の給料を審議会の答申(4・8%減)に加え、さらに10%削減(二年間)する考えも明らかにし、条例制定に意気込みを示した。一方、市職員労働組合は、地方公務員の勤務条件や不利益について審査する市公平委員会に措置要求することを決めるなど、徹底抗戦する構えをみせた。
 会見で、逼迫(ひっぱく)した財政事情を説明した大石市長は「(発案の)きっかけは市民の声だ。その声である議会に託そうと提案を決意した」と強調。条例案の名称を「生計を共にする職員の給料条例」とし、親子も対象にすることを明らかにした。勤務条件の根本基準を示した地方公務員法二四条に、職員の給与(給料やボーナス)は「生計費、国や他の地方自治体職員、民間などの事情を考慮して定める」とあるのを参考にしたという。市長は「同法に沿えば、提案に無理があるとは思わない」と語った。

 市には現在、共働き親子はいないが、三十三組の共働き夫婦から給料を二割カットすると、年間約五千二百万円の削減になる。

 一方、市職労はこの日、連合大分日田玖珠地域協議会との共闘を申し入れ、羽野武男委員長は「共働き夫婦を差別する人権侵害であり、常識外れだ。こんな条例を提案してはならない。訴訟も視野に入れている」と憤った。


見送り働き掛け県に申し入れ 自治労県本部
 日田市が共働き職員を対象に給料の二割を削減する条例案を市議会に提案する方針を示した問題で、自治労県本部(棚村和秀委員長)は七日、市町村行政を所管する県地方行政局に対し「法の下の平等を保障する憲法に違反する疑いがある」などとして、見解をただす申し入れをした。また、「県としてしかるべき対応を要請する」と、県に日田市へ条例の提案を見送るように働き掛けることを求めた。

 高山精二・県地方行政局長は「具体的な条例案の中身を見ていないのでコメントできないが、地方公務員法に抵触する可能性も考えられるため、(日田市に)十分な検討をお願いしていきたい」と、同市から事情を聴く考えを示した。



公務員バッシングが続く昨今、公務員相手の仕打ちであれば何でもありっていう感じがしますね。こんな条例案が可決され、市民が拍手喝采を送るようだったら、日本も集団ヒステリー状態に陥っているのかも。デビルマンで悪魔刈りを行う群衆みたい。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

しかし、吉本の社長だったら言うんだろうな。
「分かった。確かに、共働き職員だけ2割カットするのは、不公平や。みんな平等に2割カットしたるわ。これなら文句ないやろ」

また、少子化が進むね。悲劇。

私はいつも本を読みます。入浴中、ただヌ~ボ~っとしているのは退屈だし、時間がもったいないから。
冬だから早風呂して上がると寒いしね。
でも、大抵、読書中にコックリねむっちまうんです。湯船の中で。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

私の本は皆、表紙がシワシワだ。

眠い。早くねちまおう。

画像もきちんと挿入できるかな?


 

image

 


 

上手く投稿できるかな?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。