上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.23 無題
傷つけて、嫌味を言って、嫌われ者オーラ出しまくりなんだって。
スポンサーサイト
結婚しない男、理由は「相手」「経済力」に恵まれず(引用記事:朝日新聞【2006/08/18】)

 30~40代の「結婚しない男」の未婚理由は「適当な相手がいなかった」が約3割。「経済的なゆとりがなかった」が約2割と自分の生活を守るといったきままなシングル事情ではない実情が、結婚情報サービス「オーエムエムジー」(大阪市)が全国の未婚男性1200人にしたネット調査でわかった。
結婚しなかった主な理由


 調査は、同社が6月に、30歳から49歳の未婚男性を対象とした。30代が750人、40代は450人。

 調査結果によると、これまで結婚しなかった理由を複数回答で尋ねたところ、「適当な相手にめぐり合えなかった」(29%)、「経済的にゆとりがなかった」(24%)が多かった。40代後半では「必要性を感じなかった」(23%)も高かった。

 また、結婚の意思について聞いたところ、「なるべく早く結婚したい」「いずれはしたい」は、全体では72%だが、30代前半で81%と高く、年齢層が上がるにつれて低くなり、40代後半では56%だった。

 結婚する意思のある人でも結婚後の生活不安(複数回答)では生活費が50%前後でトップだった。

 「交際をしている異性はいない」と答えたのは70.9%と高いが、「結婚のために努力をしている」という約3割の回答者に、努力の方法を複数回答で聞くと、「友人・親に紹介を依頼」が57%と半数を超え、「合コン」(35%)、「ネットの出会いサイト」(29%)と続いた。

乳児虐待防止へ「こんにちは赤ちゃん事業」 厚労省(引用記事:朝日新聞【2006/08/22】)

 育児に慣れない親のストレスによる児童虐待を防ぐために、厚生労働省は生後4カ月までの乳児がいるすべての家庭を専門スタッフが訪問して育児に関するアドバイスをしたり、親子関係を把握したりする「こんにちは赤ちゃん事業」を来年度から実施する方針を固めた。これまで保健師が生後約1カ月までに家庭を訪問する新生児訪問指導などの事業はあったが、虐待に陥る可能性が高い4カ月までに対象期間を広げて対応する。

 事業主体は市町村で、費用の一部を国が補助する。07年度予算の概算要求に重点事業として盛り込む。

 具体的には、保健師や看護師、子育て経験がある元自治体職員などを研修して「訪問スタッフ」として認定。母子手帳や出生届に基づいて、乳児がいる家庭を少なくとも1度は訪問する。子育てに関する情報提供やアドバイスをするとともに、具体的な育児環境や親の状態などを把握する。

 部屋の様子や親の表情などから養育環境に問題があり、親の精神状態が不安定と判断したときは、保健師や医師などでつくる「ケース対応会議」で協議。深刻な場合は、保健師や助産師による「育児支援家庭訪問事業」に引き継いだり、児童相談所や病院でつくる「虐待防止ネットワーク」など他機関と連携したりして、きめ細かく対応していく。

 昨年の出生数は約106万人。同省は、すべての対象者への戸別訪問によるケアで、虐待の予防効果があがる、とみている。

体外不妊治療の助成拡充 厚労省、少子化対策で(引用記事:西日本新聞【2006/08/19】)

 厚生労働省は18日までに、体外で受精させる不妊治療に対する公費助成を拡充する方針を固めた。少子化対策の一環として、2007年度予算の概算要求に盛り込みたい考え。公的医療保険が使えない治療費の一定額を公費で負担している給付額の引き上げや助成が受けられる所得制限の緩和を検討している。

 排卵誘発剤による薬物療法などの不妊治療は保険が使えるが、「生殖補助医療」と呼ばれる治療は保険の適用外で治療費は全額自己負担。生殖補助医療のうち、培養器で卵子と精子を混ぜる「体外受精」と顕微鏡を使って精子を卵子に直接注入する「顕微授精」が助成対象。

 1回の治療費は平均でそれぞれ30万円、40万円かかるため、治療を受けた夫婦には、現在、通算5年間に限り1年につき10万円が給付される。

養育費の請求、国が支援 離婚母子家庭急増で(引用記事:西日本新聞【2006/08/19】)

 厚生労働省は19日までに、母子家庭が離婚した夫らから養育費をきちんと受け取れるよう、手続きを助ける国内初の「養育費相談・支援センター」を2007年度に創設する方針を固めた。同年度予算の概算要求案に創設費用として、約1億5000万円を盛り込む。

 離婚による母子家庭が急増する一方、不況の影響などで養育費の不払いは深刻化し、受け取っているのは離婚母子家庭の5分の1以下しかない。

 国はこうした事態を受け、全国的な相談体制の整備など対策に本腰を入れる。将来的にはセンターを迅速、簡単に養育費の取り決めができるADR(裁判外紛争解決手続き)機関とし、法相の認証を受けたい考えだ。

「テンジャン女」…虚栄社会の反映か、不満表出の通路か(引用記事:中央日報【2006/08/16】)

 先月、ある男性ネチズンがネット掲示板に「テンジャン女の一日」という書き込みをしたことから始まった「テンジャン(韓国味噌)女」をめぐる論争がオフラインに拡大されている(訳注・テンジャン女:昼食代よりもはるかい高いコーヒーを食後に飲み、ブランド品にこだわり、自分の利益のためには男性を利用したりもする見栄っ張りな女性のこと。語源は「ええい!このっ」という意味の「チェンジャン」を、ほぼ発音が同じテンジャンに変えたもの)。見栄っ張りな女性を皮肉ったものという主張と、根拠もなく女性を卑下するためわい曲したネット文化という反論が広がっているのだ。

◇「ファミレスへ行けばテンジャン女?」=「外見を飾ることに没頭しすぎていて、スターバックスのコーヒーやファミリーレストラン、そしてブランド品が好きで、ニューヨーカーになったつもりでいる20代女性」がインターネット上に描かれたテンジャン女の姿だ。

テンジャン女は昨年から一部コミュニティーで20代女性を卑下する表現として使われていたが、先月ネットユーザーが掲示板に「テンジャン女の一日」という文を掲載した後、見栄っ張りな女性という概念に変わった。続いて、ある漫画家がネットに「テンジャン女と交際する場合にしなければならない9項目」という漫画を掲載し「テンジャン女」育成フラッシュゲームまで登場した後、議論がさらに激化した。

ネットでのみ議論を呼んでいたテンジャン女は最近、ある女優を通じてオフラインにまで進出した。テレビの娯楽番組に出演した女優の発言からはじまったもの。「(初対面の男性が)割引カードを使えば雰囲気が壊れる」と語ったのだ。その後、ネットユーザーから「テンジャン女」という非難が殺到した。続いて一部芸能人の消費パターンを皮肉り、テンジャン女に卑下する事例が増えた。

最近、消費者の間で時計の高級ブランドと思われていた某ブランドが偽ブランドであることが分かった後は「その時計を買った芸能人はテンジャン女」という書き込みが相次いだ。「ベチャンウロ」という筆名の投稿者は「テンジャン女をめぐる議論は虚栄心のため無駄使いをする女性の間違った行為を示すもの」と主張した。

◇一般の人々も「テンジャン女」恐怖に=最近では平凡な女性もテンジャン女に誤解されうる、との恐怖から自由になれないほど、問題が拡大されている。会社員コ某氏(26、女)は「私も『テンジャン女の一日』で指摘されたB社のワンピース、L社のカバンなどを使っている」とし「テンジャン女に誤解されそうで怖い」と訴えた。中産階級女性の生活習慣や消費方式までテンジャン女の範囲に含ませてしまう、とのことだ。

中産階級が好む特定の製品と商標をあたかも「ぜい沢」のシンボルのように浮上させ消費文化をわい曲している、との見方も出ている。崇実(スンシル)大のペ・ヨン(情報社会学)教授は「就職などで不満感が高まっている若年層、とくに男性がそれを表出できる通路を探し出せず、テンジャン女のような対象を作り出した」とし「韓国社会に広がっている組分け現象につながることが懸念される」と述べた。

世界最低の韓国出生率…米PRB報告書(引用記事:東亜日報【2006/08/19】)

韓国の出生率が世界で一番低いものと調査された。

米国の非営利人口統計研究所のPRB(Population Reference Bureau)が17日に発表した「2006世界人口統計」報告書によると、韓国女性の出生率は1.1人で、台湾とともに最低(香港、マカオ除外)となった。昨年韓国女性の出生率は1.2人だった。


北朝鮮の女性の出生率は2.0人となっており、韓国に次ぐ低出産国はシンガポール、べラルース、ウクライナ(それぞれ1.2人)などだった。


韓国の出生率(1年間の総人口対比新生児数)は、世界最下位圏である人口1000人あたり9人であり、死亡率は1000人当たり5人だった。また、今年の人口自然増加率は0.4%となった。昨年は0.5%だった。このような傾向が続く場合、今年半ば4850万人の人口は25年4980万人に増えるものの、50年には4230万人で今より13%減になるものと予想されている。


さらに、韓国の人口のうち15歳以下は19%、65歳以上は10%となった。韓国人の平均寿命は77歳であり、女性が81歳、男性は74歳と調査された。


北朝鮮の人口は、今年半ば2310万人から25年2580万人、50年2640万人と、引き続き増加するものと展望した。北朝鮮の出生率は、人口1000人あたり16人、死亡率は1000人あたり7人であり、人口の自然増加率は0.9%だった。


世界最大の長寿国は日本で、平均82歳(男性79歳、女性86歳)となった。

息子を育てる未亡人・離婚女性は再婚市場で冷遇?(引用記事:東亜日報【2006/08/19】)

首都圏のある私立学校の教師である李某(38・女性)氏。7年前に夫と死別した彼女は、05年の春からお見合いをし始めたが、悩み苦しむ日々を過ごしてきた。

大学院卒であるうえ、教師という条件に最初は乗り気だった男性らが、「小学生の息子と同居している」という言葉を聞くと、すぐに態度が一変してしまう。


李氏は昨年10月、身内の反対にもかかわらず、区役所の8級公務員(43)と再婚している。条件がかんばしくなくても息子を心から受け入れてもらえる人を選んだのだ。


離婚率の増加、考え方の西欧化から、昨年一年間に再婚した人が12万6438人(男性5万9772人、女性6万6666人)に上るなど、再婚家庭が大きく増えている。


ところが血縁主義が根強いため、息子を育てる未亡人や離婚女性が再婚した場合、かなり不利な位置にいるものと、実証的な統計を通じて確認された。


東亜(トンア)日報の取材チームは、結婚情報会社「ソンウ」から99~06年に再婚したり再婚を前提に付き合っているカップル1014組についての情報を提供してもらって、忠清南道(チュンチョンナムド)の白石(ぺクソク)大学社会福祉学部のユ・ソンニョル教授とともに「コンピューター活用報道(CAR)手法」を通じて分析した。


分析の結果によると、出産歴はあるが子供を本人が育てていない女性が再婚したり、現在付き合っていたりする相手男性の平均年俸は7063万ウォンだった。一方、息子が一人いた場合は、5740万ウォンに減る。娘1人の場合は6269万ウォン。


これはお見合いの際にパートナー候補者に望む条件、結婚情報会社が自主的に行ったお見合い相手のランク付け、男性パートナーの年俸との相関関係を統計で分析した結果だ。


結婚情報会社に加入していない一般再婚女性では、その格差がずっと大きいものと見られる。再婚の成功率を高めるために、結婚情報会社が高所得、高学歴、容姿の優れた女性を除いて、息子を育てていたり、子供が2人以上の女性を、できるだけメンバーとして受け入れていないためだ。


韓国結婚文化研究所の李ヒギル所長は、「男性が息子を持つ相手と結婚した場合、将来血筋の違う義理の息子に財産を相続しかねないということに、本能的な抵抗感を持っている」と指摘した。


再婚市場で女性は依然弱者だ。分析対象のうち年所得2000万ウォン以下の女性が付き合う男性の平均年俸は5593万ウォンに財産は4億1000万ウォン。反面、2000万~3000万ウォンを稼ぐ女性が付き合う男性の平均年俸は5380万ウォンに財産は2億4000万ウォンで、かえって少なかった。


経済力のある女性であるほど、ほかの条件も考慮するが、経済力のない女性は配偶者の経済力を最も重要な基準としていることが見て取れる。


国民(ククミン)大学社会科学部の李・ミョンジン教授は「財産分割が増えており、仕事を持つ女性が増えているが、韓国の離婚女性らは依然として経済的に厳しい人が多い。このため、男性の主導権は初婚市場より再婚市場のほうが大きい」と説明した。

「テンジャン女」が流行ると困る人たち(引用記事:朝鮮日報【2006/08/20】)

 最近、「テンジャン女」や「コチュジャン男」という単語をよく見掛けるようになりました。「見えっ張りな女性」を意味する「テンジャン女」は一部のインターネット・カフェで20代の女性をさげすむ表現として使用され、その後急速に広まりました。

 「テンジャン女」に相対する概念である「コチュジャン男」は、経済力がなく、自己管理のできない男性を指していう言葉です。これらの単語がどのようにして生まれたのか、その語源に対する学説は実にさまざまです。

 「テンジャン女」と「コチュジャン男」という流行語が急速に広まったことについて、国内のテンジャン(韓国風みそ)、コチュジャン(唐辛子みそ)、カンジャン(韓国風しょうゆ)メーカーは「わたしたちの伝統的食品であるテンジャンとコチュジャンを、よりによってなぜ悪い意味で使用するのか分からない」と話しています。

 同時に、これら業者は「テンジャン女」と「コチュジャン男」という流行語の問題点を公式的にまとめて発表しています。

 セムピョ食品の関係者は「インスタント食品に押され、伝統食品を遠ざける子どもたちが多い中で、テンジャンとコチュジャンを悪口に使っているようでは、韓国のジャン(醤)に対するイメージが悪くなるだけ」と主張しています。

 セムピョがテンジャンの素晴らしさを広める目的で運営している「テンジャン学校」の今月16日の授業では、ある主婦が「子どもが『テンジャンは悪いものなのか』と聞いてきた」として、「そうではないと説明するのに苦労した」という話があったといいます。

 (株)テサンの関係者は「昔から“土鍋よりテンジャンの味”といわれているように、韓国のジャンには豊かで良いイメージがあるが、悪い意味に使用されていることが残念だ。ジャンの世界化に向け国民が力を合わせなければならないときに、このような流行語が登場したのは嘆かわしい」と話しています。

収入の少ない彼からのプロポーズ・・・正直迷っています(発言小町より引用)

先日、3年間付き合っている彼からプロポーズを受けました・・・が、返事は保留にしています。

というのは、彼の収入が私よりも少ないからです。嫌らしい考えだと自分でも思うのですが今後の生活の不安を思うと踏み出せません。

【彼】30歳。収入:手取り13~15万(時給のため月ごとに変動)
職業:派遣の工場勤務。夜勤あり。4勤2休というサイクルで4日ごとに昼と夜の勤務が入れ替わる。長男。

【私】26歳。収入:手取り16万
PC関連の会社のOL。休日は土日。一人っ子。

彼はとても優しい人で料理は苦手だけどそれ以外の家事は全部してくれると言っています。(実際に彼の実家での家事はほとんど彼がしています。)

また、私が一人っ子のため、将来は私の親と同居しても良いと言ってくれています。

もう一つの問題が彼の姉が数年前より鬱病で家に引きこもり状態です。多分一生、直らないとの事で将来両方の親と彼の姉の面倒を見ることになりそうです。

出世欲などは無いですが誠実で優しい彼です。このままプロポーズを受けて大丈夫でしょうか。辛口でも構いませんのでご意見をお願いします。


現実は厳しいのね、やっぱり。

(参考)
結婚意識調査:「結婚しなくていい」8割も
「非正社員の男性、結婚できない?」 労働経済白書
結婚は、成るも成らぬも金次第
2006.08.10 ご臨終
ついに壊れた。いや、機能を十分に果たせなくなったという方が適切な表現か。
学生時代より使用してきた冷蔵庫。数日前から冷凍庫のファンが異音を鳴らすと思っていたら、先日、冷蔵庫の中がぬるいことに気がついた。そればかりか、冷凍庫も同様。氷を凍らせることもできなくなっている。そうこうしているうちに、ついにファンが回らなくなってしまった。

もちろん、修理をするという選択肢もあった。しかし、買うことにしたよ。新しいのを。今のももう長いからね。

新しいのが来るのは15日。

それまで、生もの買えないや。今ある野菜ジュース、骨太どうしようかな。
子育てで半日勤務OKに 国家公務員に新制度(引用記事:朝日新聞【2006/08/09】)

 育児と仕事を両立させるため、半日だけの勤務を認め、かわりに新たな職員を補充することを可能にする育児短時間勤務制度が来年度から一般職の国家公務員に導入される見通しとなった。人事院が8日、内閣と国会に対し国家公務員育児休業法の改正を求める意見を提出し、これを受けた改正案の成立が確実なためだ。子育てのための短時間勤務は民間企業でも普及しつつあるが、半日だけの勤務を認める制度は少ない。少子化が進むなか、地方自治体や企業の対応にも影響を与えそうだ。

 小学校就学前の子どもを持つ一般職の国家公務員(約30.1万人)が対象。人事院規則で勤務は、1日4時間(週計20時間)ないし5時間(同25時間)で5日間とも出勤するか、週2日と半日(同20時間)ないし週3日(同24時間)出勤するかの計4パターンを想定。給与は勤務時間に応じて支給する。

 また、制度を利用した職員にかわり、任期付きで短時間の勤務職員を雇えるようにする。同じ職場の経験があるOBのほか、一般にも募集し、非常勤職員として採用。同じ職場で複数の常勤職員が短時間勤務をとる場合には、そのポストを他の職員が「併任」することで勤務時間を補う人事異動も可能にする。

 これまで国家公務員の子育てのための短時間勤務形態としては、3歳未満の子どもを持つ親が託児施設に送り迎えするなど1日2時間だけ職場から離れられる「部分休業制度」があった。しかし職員の補充がないため、仕事のカバーは同僚が手伝うケースが多く、「周囲に迷惑をかけ、とりづらい」との声が上がっていた。04年度に部分休業を利用した国家公務員は出産した女性職員の1割程度にすぎない。

 02年施行の改正育児介護休業法では、3歳未満の子どもを持つ親を対象に勤務時間短縮やフレックスタイム導入などを講じることを義務づけている。

 しかし、人事院が従業員100人規模の企業4602社を対象に実施した調査では、昨年10月1日時点で、何らかの短時間勤務制度を導入している企業は43.4%。このうち、フルタイムの2分の1未満の勤務時間まで短くできる企業は4.2%。2分の1以上4分の3未満の時間にできるのは24.6%にとどまる。

 意見の提出を受け、総務省は関連省庁との調整を行い、今年度中の法改正をめざす。また地方公務員育児休業法も同様の改正をするかどうか検討する方針だ。

男性の育児休業:目標10%、現実は0.5%…前年度も下回る--昨年度取得率(引用記事:毎日新聞【2006/08/10】)

◇厚労省が調査

 厚生労働省は9日、05年度の女性雇用管理基本調査(05年10月)結果を公表した。育児休業の取得率は、女性は72・3%で前年度より1・7ポイント増えた半面、妻が出産した男性の取得率は0・50%止まりで、04年度(0・56%)を下回った。政府は04年12月の「子ども・子育て応援プラン」で10年後の目標として、育児休業取得率「男性10%、女性80%」を掲げているものの、依然男性の現状は遠く及ばない。

 05年4月、育児休業期間の延長を盛り込んだ改正育児・介護休業法が施行されたのを受け、育児、介護休業をテーマに従業員5人以上の約7500事業所から回答を得た。育児休業規定がある事業所は61・6%で、同じテーマで調べた02年度より0・2ポイント増えただけ。規模が30人以上の事業所は5ポイント増の86・1%だったが、30人未満では56・5%で1ポイント減った。

 女性の育児休業利用期間は、10~12カ月未満が35・0%で最も多いが、12~18カ月未満は02年度比で8・1ポイント増え13・5%となった。育児のために勤務時間を短縮できるなどの制度を持つ事業所は41・6%。02年度とほぼ同じだが、制度を使える子どもの年齢を、法定の3歳より上に設定している事業所は16・3%で、04年度と比べても5・8ポイント増えている。

 05年4月から、従業員の申し出による取得が可能となった「子の看護休暇」の制度を整えている事業所は33・8%。取得者の男女比は男性45・8%で、他制度に比べ男性の比率が高い。


行政の働きかけ(普及啓発)をあざ笑うような結果だね。
2006.08.06 熱中症
ここ最近、ずっと屋外で働いている。もちろん肉体労働をね。おかげで皮膚は真っ黒さ。こんなに焼けたの何年ぶりやろか。

先日の日記で頭が痛くなると書いたけれども、その理由、何となく分かった。

熱中症でしょ、きっと。

熱中症に関するニュースに付随して熱中症の説明が書かれているのを読んで納得。「ああ、これだったんだ」って。

熱中症なんて、言葉だけは知っていたけど、具体的にどんな症状なのかなんて、漠然としかイメージしていなかった(気分が悪くなってぶっ倒れるとか)し、いわゆる日射病になったことがない自分には無関係だと思いこんできたからね。

それにしても、中学生や高校生の時にはもっと過酷な暑さの夏を体験したような記憶もあるんだけどね。少なくとも気温上は。学校体育や通学中にね。

けれども、やっぱり、数時間、全力で動き回る辛さとは比較にならんわ。

「こんなに苦しいのなら、いっそ、今、ここでひと思いに殺してください、神様」って思うからね。野球の守備中なんかに。

途中休憩に水多少飲んだぐらいじゃ復活しないもの。熱を持った体はあたかも焼け石のように熱く、水は体を冷やすことなく、ただ腹を膨らませるのみ。

たまらんとです。生きているけどね。
米国人60%「韓国は非友好的」(引用記事:中央日報【2006/08/04】)

過去8年半の間、金大中(キム・デジュン)-盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の反米親北朝鮮政策の結果に対し、米国人のうち韓国を米国の友邦国だと思う人は34%にすぎなかった一方、近くの友邦でもなく、また全く友好的ではなく敵対国と思う人々は60%に達した。

この結果は世論調査専門機関であるハリスインタラクティブが7月5日から11日まで米国人成人1020人を相手に実施した電話アンケート調査で明らかになった。

アンケートは「米国の近い友邦、友邦だが近くはない、非友好的ないしは敵対国と思う」という3項目のうち1つを選ぶ方法で実施された。

イギリス、カナダ、オーストラリア、日本、イスラエル、イタリア、韓国など7カ国に対するアンケート調査で、米国の近い友邦として74%の支持を受けたイギリスが1位、2位はカナダで64%、3位はオーストラリアで61%、4位は日本で50%、5位はイスラエルで47%、イタリアと韓国は6位タイで34%だった。

イタリアと韓国が違う点はイタリアを敵国と思う比率が2%にすぎないのに韓国は18%が米国の敵国だと思っている点だ。事実上、米国の友邦に対する調査で韓国は最低の数字が表れたのだ。

離婚の背景、男「家庭内問題」女「事業の失敗」(引用記事:中央日報【2006/08/04】)

 夫婦仲が上手くいかない最も大きな原因は、男性の場合「家庭内の問題」、女性の場合「事業上の問題」であることが、調査により分かった。

再婚専門結婚情報会社・オンリーユーは4日、全国の再婚希望者524人(男女それぞれ262人)を対象に最近、電子メールとインターネットを通じ「離婚する前に夫婦仲が上手くいかなかった最も大きな原因」について調べたところ、男性は「家庭内問題」(24.4%)を、女性は「事業上の問題」(44.2%)をそれぞれ選んだ、と伝えた。

続いて男性は「第一児の出産」(19.5%)、「本人の両親・兄弟の問題」(17.1%)、「事業上の問題」(14.6%)の順に、女性は「事業上の問題」に続いて「株式・不動産など投資の失敗」(21.8%)、「家庭内問題」(14.8%)、「第一児の出産」(10.9%)の順に、それぞれ回答した。

「配偶者が自身について最も不満がっていたこと」の項目では、男性の場合「両親・兄弟への関心や配慮」(25.6%)、「祭事・名節(韓国固有の盆・正月)」(20.5%)、「愛情の表現や夫婦関係」(15.4%)、「給料を隠すこと」(10.3%)などに回答した。

女性は「連絡せずに遅く帰宅すること」(26.7%)に続いて、「本人の両親・兄弟への関心や配慮」(19.8%)、「祭事や名節」(16.7%)、「家事に協力しないこと」(13.3%)などを指摘した。

韓国女性「重い結婚より軽い恋愛がいい」87% (引用記事:朝鮮日報【2006/08/04】)

 「重い結婚より軽い恋愛を楽しみたい」というシングル族が増えている。

 9月7日に公開される映画『恋愛、その耐えられない軽さ』が、ポータルサイトNAVERの女性統合サービス「MIZ」(http://miz.naver.com/)とともに、「甘く華やかな恋愛はしたいけれど、重く退屈な結婚はしたくない」というテーマのオンラインアンケート調査を行った。このアンケートの結果、参加女性4411人中、87%(3837人)が「そう思う」と答えた。

 「結婚すれば様々な責任がのしかかってくる」「自分に能力があれば結婚しなくてもいいと思う。時には女性が現実逃避のために結婚を考えることもある」など、「負担が増えるから結婚はしたくない」という答えが多かった。

 これとは別に、シネソウルが『恋愛、その耐えられない軽さ』のなかで、チャン・ジニョンのように「私、あなたを口説きに来たの」と言いたくなるような魅力的な相手は?というアンケート調査をした結果、回答者380人中141人(37%)が「見ただけでドキドキするようなイケメン、ナイスバディの人」と答えた。

 これに続いては「なんでも言うことを聞いてくれそうな純情派」が104人(27%)、「自分を見ると顔を赤くして告白できずにいるシャイな人」が89人、「なんでも買ってくれそうなお金持ちの気分派」が46人(12%)だった。

 「恋愛が耐えられない軽さと感じる瞬間はいつか」という質問には「恋愛が楽しくなくなって無意味に感じられるとき」が31%と最も多く、「心変わりした恋人を見るとき」(30%)、「恋人に嫌気が差すとき」(18%)、「二股をかけたくなるとき」(9%)が後に続いた。

韓国の公務員試験、競争倍率1997倍の狭き門(引用記事:朝鮮日報【2006/08/04】)

 「1997.7倍」…人気マンションの契約競争率ではない。先月28日に締め切られた中央選挙管理委員会9級公務員の釜山・蔚山・慶尚南道・済州地域の公募採用試験の競争率だ。7人の定員に1万3984人が集まった。全体の競争率は878.6倍で、全国的に見れば、100人を選ぶこの試験に計8万7857人が願書を出した。

 地域別競争率では大田・忠清北道・忠清南道地域で1184.7倍、全羅北道1255倍、大邱・慶尚北道976.8倍、光州・全羅南道790倍、ソウル・仁川・京畿道738.5倍、江原道が601.3倍だった。参考までに、数字4ケタを当てるロトくじ4等の当選確率は733倍だ。

 選管関係者は「最近、公務員の人気が高く、応募は多いだろうとは思っていたが、このほどまでに多いとは…」と絶句。去年の競争率は174倍だった。「200倍は超えるだろう」と簡単に思っていた公務員受験係も、この殺人的な競争率の話題で持ちきりだ。選管の試験がこれほど人気を呼んでいる理由は、9級公務員の試験科目が政府傘下の機関で全て同じため。他の公務員試験と試験日が重ならず、「試しに」受験する人もかなりいる、と選管では話している。

 選管の天文学的な競争率は、最近深刻化している青年層の失業現象の象徴とも言える。しかし、厳しい就職難の時だけに、ちょっとした職場の競争率は100倍を超えることも普通になってしまった。

 今年前半、新入社員を採用した主な企業の入社試験平均競争率は91倍。25人を採用した韓国空港公社の新入社員試験には9200人が殺到し370倍、公務員年金管理公団の新入社員試験競争率は337倍、農水産物流通公社は240倍、韓国水資源公社は186倍だった。

 先月28日に願書受付を開始したソウル特別市公務員任用試験も競争率が高い。ソウル市関係者は「正確な数字は出ていないが、あまりにも多数の人々が殺到して驚いている。去年の競争率なんて目じゃない」と話す。去年のソウル特別市9級公務員の競争率は108倍だった。

急遽、仕事を命じられることになり、映画の試写会に行けなくなった。
「何か、特別な用事はあるか?」
と尋ねられたものの、今の職場の状況を考えると、とてもじゃないが試写会があるから勘弁してとは口に出せなかった。みんな、悲壮感漂わせてもおかしくないような勤務状況だもんな。

それにしても、ひょっとしたら行けるかもとちらっとでも思っていた、後1時間でってところでの打診だもんな。天国から地獄へ真っ逆様。

おいらの人生、いつもこう。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

今日も一日、屋外で作業、野球。炎天下での仕事は地獄ですな。
昨日も気持ち悪くなって頭痛かった。
まさに、リアルシルミド、ここにあり。

もっと、前向きに、一生懸命生きないとと無理に自分に言い聞かせるものの、なかなか難しいねぇ。
他人のこと、偉そうにとやかく言えた義理かって。

(参考)
僕も、世界の中心に立てるかな ~映画試写会~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。