上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子育て助成:第3子以降、中学校卒業まで 群馬・太田(引用記事:毎日新聞【2007/02/27】)

 群馬県太田市は、第3子以降の妊娠・出産から中学校卒業までの最低限の子育て費用を助成する方針を固めた。市の負担額は年間4億~5億円と見込まれ、清水聖義市長は9月定例市議会への補正予算案提出を目指し、関係部局に検討を指示した。厚生労働省は「自治体による、ここまで徹底した支援は聞いたことがない」と話している。

 清水市長は開会中の定例市議会の総括質疑で、少子化対策・子育て支援策を問われ、「第3子以後は中学生までの公費を無料にするなど支援策を講じたい」と回答。第3子以降の妊娠中の妊婦の検診費用、出産費用や、小中学校までの給食費、医療費、入学費用、修学旅行費などを助成する独自案を明らかにした。同市の05年度生まれの第3子以降の230人を対象に試算した結果、市の負担額を年間4億5000円前後と見込んでいる。ただし、税滞納者は除外する方針。

 清水市長は「少子化問題解決は国の支援策では解決しない。思い切った策が必要で、太田から問題解決を国に呼びかけたい」と話している。

スポンサーサイト
育児休業制度、企業8割で男性利用ゼロ 過去3年間(引用記事:産経新聞【2007/02/27】)

 約8割の企業では、育児休業制度を利用した男性社員が過去3年間で1人もいない-。こんな結果が労働政策研究・研修機構が26日公表した「仕事と家庭の両立支援にかかわる調査」から明らかになった。

 調査は昨年6~7月、従業員数300人以上の企業6000社と、そこで働く管理職3万人、一般社員6万人を対象に実施。企業863社、管理職3299人、一般社員6529人から回答があった。

 それによると、育児休業制度を導入している企業は98.6%に達し、4社に3社は休業期間などについて育児介護休業法に定めるものと同じ内容だった。しかし、2000人以上の企業に限ってみれば、6割近くが法定を超える制度を取り入れており、大企業ほど育休制度が充実していることが分かった。

 だが、男性の育休については、8割近い企業が過去3年間に1人も取得者がいないと回答。「1~2人」が1割だった。

 男性の部下が育休取得を申請してきた場合の対応では、管理職の21.6%が「積極的に賛成する」と回答。「課題はあるが、賛成する」という消極的な賛成が52.7%と過半数に上った。

 一方で、「職場の状況を踏まえて慰留する」が17%、「男性が育休を取るなど考えたことがなく、反対」も5%あった。

 男性の育休取得に向けた課題を複数回答で管理職に尋ねたところ、「代替要員確保が困難」が63%と最も多く、次いで「男性自身に育休を取る意識がない」「上司・同僚の理解不足」などとなった。


ファミリーマート:宅配事業で高齢者の安否確認(引用記事:毎日新聞【2007/02/25】)

 コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、高齢化社会に対応し、安否確認サービス付きの宅配事業に乗り出す。希望者を対象に、弁当などを1人暮らしの高齢者に届けた際、様子を遠隔地の親族にインターネット経由で報告するもの。将来的には介護や税・公共料金の支払い代行、クリーニングの受け取りサービスなども実施し、主に高齢世帯向けの総合的な「御用聞き」サービスを目指す。こうした総合サービスはコンビニ業界で初となる。

 宅配事業は3年内をめどに3大都市圏の3000店強で開始。配達先の高齢者の親族が自社のクレジット「ファミマカード」の会員になれば、親族が料金を支払える仕組みを作る。将来的には国内約6900店全店で導入する考え。

 介護サービスは資格を取得する必要があり、店舗支援担当の社員から順次、介護資格を取得させる。宅配時にクリーニングの引き受けをして、出来上がり品を次回宅配時などに届けるサービスも検討する。

 店舗についても、今秋から年間800店ずつ、従来店より通路幅やトイレを広げるなど、高齢者に配慮した造りに変える。生鮮食品を扱う店も増やすなどして「手薄なシニア層の利用を促す」(上田準二社長)。

シングルマザー正社員登用の奨励金、福岡など7県利用ゼロ(引用記事:読売新聞【2007/02/25】)

 母子家庭の自立を目指して国が2003年度に設けた「常用雇用転換奨励金」が九州・沖縄、山口、島根の10県で計28件しか利用されていないことが読売新聞の調べでわかった。パートタイムの母親を正社員に切り替えた事業主を対象に、母親1人当たり30万円の奨励金を支払う制度だが、長崎、宮崎、山口を除く7県は実績ゼロ。国は母子家庭に支給する児童扶養手当を08年度から削減する代わりに、こうした就業支援を打ち出しているが、空回りの形。「女性が中途で正社員採用されるのは厳しく、制度は現実にそぐわない」と批判が出ている。

 制度は市が実施するほか、町村の場合は都道府県が実施。読売新聞が2月、各自治体に奨励金導入後の実績を聞き取り取材したところ、実績を上げているのは長崎県と島原、諫早、壱岐の3市で計17件、宮崎県9件、山口県宇部市2件のみだった。全国でも05年末で56件だけ。

 制度自体を導入していない自治体も多い。福岡市は「ほかの自治体で実績が上がっていない。効果の見込める母子支援策に力を入れたい」と説明。導入したが実績がない自治体では、「雇用主にとって30万円程度ではパートを正社員にする負担と釣り合わないと感じるのでは」としている。

結婚・出産で退職の女性に正社員復帰の道 キリンビール(引用記事:朝日新聞【2007/02/25】)

 キリンビールは9月に、出産や配偶者の転勤などの自己都合で退職した元社員を、一定期間の後に正社員として再雇用する制度を新設する。営業現場などでの経験が豊富で優秀な人材をつなぎとめ、激しいシェア争いを広げるビール業界で競争力を高めるねらいもある。

 新制度は男女ともに対象。退職時に自己申告で登録をしておき、退職から3~5年以内に意志確認をしたうえで、再雇用する。当初は契約社員として採用するが、本人の働きぶりなどをみて、正社員の道を用意する。給与水準は、退職前の経験や離職期間、復帰後の仕事の内容を勘案して個別に決める方針だ。

 また、転勤を伴う総合職の女性を対象に、結婚や出産などの理由から最大10年間は、転勤しなくて良い仕組みも採り入れる。

 キリンビールの女性社員は、全社員の約2割にあたる約1300人。入社5年を過ぎた女性社員は、出産や夫の転勤などを理由に半数以上が離職しており、女性が引き続き活躍できる場の提供を模索していた。

2月22日。
イ・ウンジュが亡くなった日。
あれから2年たったね。
でも、彼女の記憶はまだはっきりと残っている。
いつまでも生き生きと。
皆さんは雑巾を掃除で使用した後どこに保管していますか?

また、穴があいた靴下について、捨てる前に何か掃除等に有効利用しているという方はいらっしゃいますか?

伊藤家の食卓などを見ていたら、そういう質問に対する答えが放送されているのでしょうけどね。

主夫(主婦)の皆様、お知恵をお貸しくださいませ。
いや、壊れたというよりも、壊したという方が正しいだろう。
数十GBの保存データが無に帰したことを意味する。
無論、ショックはショックだったのだが、そこに保存してあったはずのものが個別具体的に思い出されるたびに
「嗚呼、あれも、もうこの世にはないのか」
と、何度でも疲労感にさいなまれることになる。

今までの旅行で撮り貯めたデジカメの写真ファイルなども全て消え失せてしまった。


陽子:「みんな、立ちなさい」

景麒:「主上」

陽子:「景麒にも聞いてもらおう。私は人に礼拝されたり、人の間に序列あることが好きではない。相手の顔が見えないことが嫌だ。人から叩頭されることも、叩頭する人を見るのも不快だ」

景麒:「お待ちください」

陽子:「これ以後、礼典、祭典及び諸々の定めある儀式、他国からの賓客に対する場合を除き、伏礼を廃し、跪礼、立礼のみとする」

景麒:「主上」

陽子:「もう決めた」

景麒:「侮られたと怒る者がおりましょう」

陽子:「他者に頭を下げさせて、それで己の地位を確認しなければ安心できない者のことなど、私は知らない。それよりも、人に頭を下げるたび壊れていくもののほうが問題だと私は思う。人はね景麒、真実相手に感謝し、心から尊敬の念を感じた時には、自然に頭が下がるものだ。他者に対しては、礼をもって接する。そんなことは当たり前のことだし、するもしないも本人の品性の問題で、それ以上のことではないだろうと言っているんだ」

景麒:「それは、そうですが」

陽子:「私は、慶の民の誰もに王になってもらいたい。地位でもって礼を強要し、他者を踏みにじることに慣れた者の末路は、昇紘・呀峰の例を見るまでもなく明らかだろう。そしてまた、踏みにじられることを受け入れた人々が辿る道も。人は誰の奴隷でもない。そんなことのために生まれるのじゃない。他者に虐げられても屈することない心。災厄に襲われても挫けることのない心。不正があれば正すことを恐れず、けだものに媚びず。私は慶の民に、そんな不羈の民になって欲しい。己という領土を治める唯一無二の君主に。そのためにまず、他者の前で毅然とこうべを上げることから始めて欲しい。諸官は私に、慶をどこに導くのかと聞いた。これで答えになるだろうか。その証として、伏礼を廃す。これをもって、初勅とする」

2007.02.16 愚痴
私の職場ではサービス残業が横行している。
上司から職場に出てくることは求められる(勤務時間以外、勤務日以外にね)。しかし、時間外命令は出すなとも言う。

時間外命令を出さないでおいて、その間に怪我でもしたらどうするつもりなんだよ。勤務時間外だからあずかり知らぬこととでもすっとぼけるつもりか。それとも、場当たり的に、そのときに限り遡って時間外命令を出すつもりか。

なんだかなぁ。
卑怯なやつって嫌いなんだよね、私。

嗚呼、日々是相田翔子なり。
それでも、私の同僚は皆、文句一つ口に出さずにひたむきに働いているよ。
織田裕二40歳目前リストラ男(引用記事:日刊スポーツ【2007/02/16】)

 織田裕二(39)が4月スタートの連続ドラマでホームコメディーに初挑戦することが15日、明らかになった。TBS日曜劇場「冗談じゃない!」(日曜午後9時)で、女だらけの家庭と、思わぬリストラに困り果てる男をコミカルに描く。連ドラ出演はフジテレビ「ラストクリスマス」以来2年半ぶり。これまでのヒーロー像を返上する役どころに織田は「全11回を完走します」とテンションを上げている。

 かつての恋人の娘と知らずに結婚し、同じ屋根の下で同居することになった男の物語。私生活にうろたえ、職場でもリストラ対象となるふんだり蹴ったりの生活を描く。20歳の新妻役は上野樹里(20)、しゅうとめとなったかつての恋人役を大竹しのぶ(49)がそれぞれ演じる。

 伊与田英徳プロデューサーは「20代は『東京ラブストーリー』のカンチ、30代は『踊る大捜査線』の青島で俳優として地歩を固めてきたが、40代では“困っている織田君”を見たい。パジャマの織田君、ジャージーの織田君、作業着の織田君を通し、バブル世代がぶち当たっている壁を笑って泣けるホームコメディーとして描きたい」。織田は「えっ、結婚? しかも相手は20歳!? 男って大変だな、冗談じゃない、というのが台本を読んだ感想。大竹さんはすごい女優さんだし、上野さんも勢いを感じる。3人そろって面白いドラマを作っていきたい」と話している。


40歳が20歳と結婚。織田裕二だったら何やっても許されるのか(by 前田日明)。
男なのに女の子っぽい雰囲気の人いませんか?(発言小町より引用)

普通の男性なのに、話しているとまるで女の子と話している感覚になる人っていませんか?
以前、同僚の女の子数人の話し声が聞こえてきて、中にやたら低い声の女の子がいるなあと思って振り返ったら、なんと一人男性が混じってました。
「~だよねぇ♪」「ね~っ」みたいに、口調が女の子ぽかったので、顔を見るまで声の低い女の子がしゃべってると思ったんです。
見た目は結構カッコイイ人で、彼女もいるようでした。

こういうタイプの人って、どういう感じなんでしょうか。(うまく言えないのですが!)
小さい頃は女の子とばっかり遊んでたとか、話すとちょっとナヨナヨしてるとか。
でもちゃんと女の子が好きな普通の男性だよ、そういう人を知ってるよって方、いませんか?
変な質問ですみません。


私自身は男だが、あんまり男男している男性は一緒にいて息苦しい。苦手なんだよな。
サスケ県議、知事選に意欲(引用記事:スポーツ報知【2007/02/04】)

 覆面プロレスラーのザ・グレート・サスケ岩手県議(37)は4日、共同通信の取材に対し、4月の統一地方選で行われる岩手県知事選について「出馬は大いに検討している。(県民の)選択肢を広げたい」と述べ、強い意欲を示した。後援会幹部と最終調整に入っており、近く結論を出す。

 サスケ氏は「先細る県財政の中、夢を追わなくては誰もついてこない」と強い指導力が必要だと指摘。「自民党や民主党という政党の時代ではない」とも述べ、県内の経済格差の解消のほか、全国や世界へ向けて岩手のPRに取り組みたいとの意向を示した。

 サスケ氏は2003年、県議選盛岡選挙区に旧自由党推薦で出馬し初当選。覆面姿での県議会出席をめぐり議論を呼んだ。4月の県議選には不出馬の意向を示していた。

 知事選には、民主党の達増拓也衆院議員(42)、自民党岩手県連推薦の元滝沢村長柳村純一氏(56)、共産党推薦の岩手県労働組合連合会元議長菅野恒信氏(61)ら4人が出馬表明。サスケ氏が出馬すれば無党派層の受け皿となる可能性がある。


勘弁して。
韓国で整形手術受けた中国人、旅券と顔が一致せずトラブル(引用記事:朝鮮日報【2007/02/02】)

 29日、韓国から上海の浦東空港に帰国した中国人の未婚女性Aさんは、空港のイミグレーションで制止を受けた。理由はパスポートの写真とAさんの顔があまりにも違っていたため。イミグレーション側は「これは本当にあなたのパスポートなのか? 写真の顔は四角いのに、あなたの顔は卵型ではないか」とAさんを詰問した。Aさんは「実は韓国でアゴを削る美容整形手術を受けた」と告白したが、イミグレーション側は半信半疑の様子だった。

 空港当局はAさんの会社の上司から人事の記録カードにある写真をファクスしてもらい、二つの写真を比べたが、この写真も現在のAさんの姿と似たところは一つもなかった。結局家族まで動員し、身元を確認した後になって、Aさんはやっと入国することができたという。

 中国の若い女性の間で「韓国遠征美容整形手術」が流行していることにより、空港のパスポート検査の際、このようなことが度々あると中国の英字新聞チャイナ・デイリーが31日に報道した。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。