上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育児休業:分割可能に 男性取得率向上狙う--厚労省改正へ(引用記事:毎日新聞【2008/05/27】)

 厚生労働省は、現行では「原則1回、子供が1歳まで」となっている育児休業について、複数回に分割してとることができるよう制度改正する方針を固めた。0・5%(05年度)と極めて低水準にとどまっている男性の育休取得率を引き上げるのが狙い。複数回取得に併せ、取得期間の延長も検討している。

 育休は92年の育児休業法(現在は育児・介護休業法)で男女とも制度化。女性の取得率が7割を超えているのに対し、男性は取得率が低いばかりでなく、取得しても、1週間や10日程度の短期のケースが目立っている。

 男性の育児参加に限界があり、少子化対策としても効果が望めない。厚労省が目標とする男性の育休取得率10%(14年度)の達成もおぼつかない。妻側には出産前後のほか、自分が職場復帰する時期にも夫の育休取得への期待が大きいこともあり、複数回取得が必要と判断した。

 具体的には、夫が妻の産後8週間以内に一度育休を取れば、職場復帰後も再取得を認める▽父母両方が取得する場合にのみ、育休取得期間を半年など一定期間延長する--などが検討されている。

 有識者らによる厚労省の研究会が6月にもまとめる報告書に、こうした内容を盛り込む見込み。同省は来年の通常国会にも改正案を提出したい考え。改正には経営側の反発も予想されるが、厚労省は「各企業にも我慢してほしい」としている。

 諸外国では、父親が育休を取る場合に限り、取得期間を6週間延長できる「パパ・クオータ」制度(給与は6週間延長で8割を補償)をノルウェーが導入、出生率回復につなげている例などがある。

スポンサーサイト
北九州市:女性登用に数値目標明記へ 麻田副市長、職員の抵抗押し切る(引用記事:毎日新聞【2008/05/29】)

 北九州市は28日、今後10年間の女性職員育成策を示す「女性活躍推進アクションプラン」(8月策定予定)で、女性が管理職に占める割合を高めるため、数値目標を設ける方針を決めた。同日の庁内会合では出席した各局課長級職員の多くが難色を示したが、麻田千穂子副市長が「指標は絶対に必要だ」と主張。北橋健治市長も麻田副市長を支持し、定めることで決着した。【平元英治】
 市によると、昨年度は全行政職(保育士を除く)のうち女性が21・7%いながら、係長級以上の役職に就く割合は4・5%で、17政令市中最下位だった。市が事態打開のため、同日の会議でプランに「役職者率の向上」など10分野で目標を記す案を示したところ、出席者からは「目標達成が優先され、能力に基づく人事ができなくなる」と疑問視する声が続出した。
 一連の発言に、麻田副市長は「『市が意思決定をする時に女性がいない。これでいいのか』という問題意識が始まりだったはず。大変失望した」と不快感をあらわにした。
 さらに女性職員への意識調査で25・3%が「上司から昇任へのチャレンジを応援されていない」と答えたことや、政府も10年度末までに中央省庁の課長級職員の最低5%程度を女性から充てると決めていることを例示。「一番遅れている北九州市が目標を掲げないことはありえない」と説き伏せた。
 北橋市長も「北九州は『女性は家庭を守っていればいい』という意識が強く、女性が働きやすい環境づくりが遅れている。まず役所から変わらなければならない」と同調。両氏の意見に職員から異論は出されず、数値目標を盛り込むことになった。
〔北九州版〕


・挿入歌「キズナ」Hi-Fi CAMP
Hi-Fi CAMP公式サイト

映画試写会に行って来た。
僕の彼女はサイボーグ
クァク・ジェヨン作品と言えば、見ぬわけにはいかない。
前売り券も買っておいたが、試写会申し込みが当たり、一般公開前に見ることができたというわけだ。
ちなみに、映画上映前のMCの発表によれば、7200通の応募があったとのこと。観客は400人。18倍の競争率だ。
劇場内に入ると、物々しいカメラやライトが陣取っている。そこで本来気がつくべきであったのだが、私は何の気無しに映画が見やすい後方中央寄りの空席を何とかゲットし、着席。
定刻になりMCによる前説が始まる。すると、MCに呼び込まれる形で主役二人が挨拶のため登場。
かつては視力にーてんぜろ以上だった私も今は眼鏡生活。眼鏡の縁を上げ下げして、舞台上の綾瀬アンド小出に何とかピントを合わせる。
確かに、テレビで見た人たちだ。
お団子頭の綾瀬はるか氏。声、凛として綺麗だねえ。
意外と声の低い小出恵介氏。バリトンボイスだ。

周りの観客達は彼らに手を振る。
まるで遊園地で行われるイベントショーに登場する仮面ライダーに黄色い声援を送るよい子のみんなのようだ。
ちなみに、観客の9割方は女性。つまり、それが今回の映画のジャンルを物語っている。

映画の舞台は日本ではあるが、テイストはまさしくクァク作品のもの。
小難しいことを考え設定矛盾に難癖を付けるような、なんちゃって評論家には受けが悪いだろうが、私は最後まで楽しく見ることが出来た。

あまり認めたくはないことではあるが、クァク氏と嗜好が合っているのだろう。彼が描く主人公達にも概ね好感を抱ける。今回の小出氏演じる大学生よりもキョヌの方が好きだけどね。

これでようやく小説を読むことができる。
と思って、帰宅途中の書店に足を運んだが、こんな時に限って、どこにも売っていない。

世の中、そんなものだ。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

先日の山登り。見事成功。

cyborg


<参考>
公式サイト




・主題歌「約束の翼」MISIA
MISIA公式サイト
県にベストマザー特別賞 NPO主催 子育て支援事業に評価(引用記事:西日本新聞【2008/05/13】)

 母親への感謝と応援の気持ちを表す第1回「ベストマザー賞」の授賞式が9日、東京都内であり、「子育て応援宣言企業」などの事業に取り組む福岡県が特別賞(自治体部門)を受賞した。

 特定非営利活動法人(NPO法人)「ひまわりの会」(会長・野田聖子衆院議員)が主催。優れた育児サポート策を展開する自治体・企業や、母親としてあこがれの女性に贈られた。

 「子育て応援宣言企業」は、育児休業の取得や職場復帰がしやすい環境づくりに積極的な企業の経営者が取り組み内容を宣言し、県に登録。2003年からスタートし、今年5月1日現在で1478事業所が登録している。県はこのほか、ウェブサイト「ふくおか子育てパーク」で、子育てに関する悩みや不安を解消する情報を提供している。

 他に受賞した自治体は、さいたま市と東京都世田谷区。個人では福岡県出身の女優黒木瞳さんらが選ばれた。海老井悦子副知事は「今後も子育て応援社会づくりを一層推進する」と抱負を述べた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。