上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生活保護受給者と性的関係、佐賀市担当職員を懲戒免職(引用記事:読売新聞【2006/04/29】)

 佐賀市は28日、合併前の旧佐賀市で生活保護の担当をしていた市農林水産課の男性職員(44)が、受給者の30歳代女性と不適切な関係になったとして同日付で懲戒免職処分にした。

 市によると、この職員は保護課主査(係長級)を務めていた2004年9月ごろから、ケースワーカーとして自宅を訪問した女性に好意を抱き、自分のポケットマネーから現金を渡したり、私的に会ったりし、性的関係も持った。昨年4月に農林水産課に異動した後も交際を続け、同7月まで少なくとも13回、勤務時間中に会ったという。

 女性側が「男性職員に(生活保護受給に関する)権限があるため、関係を求められた時にも応じざるを得なかった」と市に申し立てて発覚。市の調査に対し、男性職員は地位をちらつかせた発言があったことを認めたという。市は当時の保健福祉部長ら上司3人も監督責任を問い、1~2か月の減給(10分の1)とした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/151-f51328db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。