上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罰として「3分間笑いなさい!」(引用記事:中央日報【2006/05/13】)

「運動着を忘れてきた? では罰として3分間笑いなさい」--。

全南長城(チョンナム・チャンソン)サムゲ中学校で体育を教えるキム・ヨンシク教諭(41)は運動着を持って来るのを忘れ、罰を与えられるとおびえている子供たちに3分間大きな声で笑いなさいと罰を与える。「笑いヨガ」を直接開発したキム教諭は、生徒たちが気落ちせず背筋をぴんと伸ばすことができるよう、大きな声で笑わせ、楽しく授業を導いている。

仁川(インチョン)シングァン小学校のパク・テヒョン教諭(30)は、授業中、散漫になりやすい子供たちが集中できるよう手品を始め、4年目「魔術教師」となった。最初は授業より手品にばかり関心を見せた子供たちが多くて手を焼いたという。授業で使う手品の道具はみずからで作っているということだ。

京畿道驪州(キョンギド・ヨジュ)チェイル高校パク・フンモ教諭(42)は、日本語を教えながら直接日本の歌や踊りまで見せ、人気を集めている。運動会では、華やかにタンバリンダンスを披露し、生徒たちから「タンバリンパク」というニックネームまでつけられたパク教諭は、子供たちと気軽に交わって楽しい学校生活をリードする。

子供たちのために絶えず新しい授業方法を研究する3人の教師の話はSBSテレビ『キム・ミファのU』を通じて恩師の日の15日、午後1時から放送される。


鉄拳制裁くらわせるよりはマシだと思います。けど、効果の程はどうなんでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/171-4f7d0891
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。