上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛知県の小学校35校で「愛国心」通知表(引用記事:朝日新聞【2006/06/08】)

 「愛国心」の取り扱いを焦点とした教育基本法改正案が衆院特別委員会で審議されているが、愛知県の少なくとも35校の小学校で現在、愛国心の評価を通知表に盛り込んでいることが朝日新聞の調べで分かった。このうち津島市や愛西市の計21校では見直す方向だ。

 愛国心に関する評価項目のある通知表を採用しているのは、同県海部教育事務所管内の3市2町1村の小学校計35校。いずれも「我が国の歴史・政治・国際社会に関心をもち、意欲的に調べることを通して国を愛する心情をもつ」という項目を6年生の社会科の観点の一つに盛り込み、「◎○△」の3段階で評価している。

 一方、小泉首相が衆院特別委員会で、通知表の「愛国心」に関する項目について「必要ない」と答弁するなど、見直しの動きも出ている。

 市内8校で採用している津島市教育委員会は前期の通知表から見直す方向で検討している。13校で実施している愛西市教委でも校長会を通じて見直す方向だ。7日には弥富市教委に項目の削除を求める要請書が共産党市議団から出され、市教委が検討するという。


この項目については、児童のどこを評価するんだろう。
関心をもち、意欲的に調べているところ?
国を愛する心情をもつところ?

児童が国を愛する心情を持てたって、どのように確認するんだろう。
今さらながらだけど、ここでいわれている国って何だろう。誰にとっての国?いつの時代の国?

例えば、クラスの中で意見が割れた時に、通知表で愛国心◎をもらっているような子が少数派の子に対して「このクラスが嫌だったら、学校やめればいいのに」なんてことを言っていたら笑うね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/243-d54c9a60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。