上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ジェンダーフリー』掲載広報紙 男女参画の拠点が撤去(引用記事:東京新聞【2006/06/06】)

 東京都調布市の男女共同参画を推進する拠点施設「男女共同参画推進センター」が昨年、ジェンダーフリーの用語が記載された市の広報紙を、図書コーナーから一時撤去していたことが六日、分かった。一部団体などから抗議を受けたためという。広報紙は、市議会でジェンダーフリー関係の図書の撤去の有無を問う質問が出た直後に、書架に戻されていた。

 この広報紙は「あたらしい風」。男女共同参画を推進するため、市が公募した市民が中心となって、一九九〇年から年一回発行している。

 撤去されたのは、二〇〇二年に発行されたもので、ジェンダーへの正しい理解を深める目的で作られた。ジェンダーフリーの理解度を測ったり、偏見や誤解を生む例を解説したりしている。

 同市は男女共同参画条例制定に向けた検討を進めているが、昨年三月から、男女共同参画推進担当課に電子メールや電話で「ジェンダーフリー」の用語の扱いについて、否定的な意見が寄せられるようになった。反対する団体の会員が「ジェンダーフリーが記載された本はすべて外せ」と、同センターの窓口にどなりこんできたケースもあったという。

 このため同課は同年八月初め、センターの図書コーナーの雑誌と資料を調査。ジェンダーフリーの用語を明記していた市の広報紙を書架から外して倉庫にしまった。

 翌月の市議会では、ジェンダーフリー関連の図書撤去の有無を問う質問が出たが、市側は「書籍を撤去した事実はない」と答弁していた。

 しかし、内部で「広報紙でも撤去するのはまずいのでは」との意見が出て、九月末になって書架に戻したという。

 担当課の平本正之課長は「広報紙の内容は問題ないと思ったが、取り扱いについて内閣府などの見解が出されていたことから慎重になりすぎた」と弁明している。

 ジェンダーフリーの用語をめぐっては、内閣府が一昨年四月、「新たに地方公共団体で条例等を制定する場合には使わないほうがいい。差別をなくすという意味で、定義を明らかにして使用しているものについては問題ない」との見解を示した。今年一月には「誤解や混乱を解消するため、使用しないことが適切」とさらに踏み込んで自治体に通知している。

 その後千葉県では、男女共同参画センターの設置案が議会で否決。福井県では、ジェンダー論に関する書籍約百五十冊が、公共施設の書架から撤去されるなど、各地で波紋が広がっている。

<メモ> ジェンダーフリー

 「男性は仕事、女性は家庭」というような社会的な性差(ジェンダー)による差別をなくす意味で用いられる和製英語。定義があいまいなため、男らしさ、女らしさまで否定するとの極端な考え方も生まれ、この言葉を用いた男女共同参画に反対が強まっている。昨年末、閣議決定した政府の第2次男女共同参画基本計画では「ジェンダー」の用語削除をめぐり議論が紛糾し、最終的に残された経緯がある。


試しに、googleで『ジェンダーフリー』という語を入れて検索してみてください。何というか、美しくないですね、うん。美しくない。どのような点について、僕がこのように感じたのか、理解していただけるだろうか。
(参考)
男女共同参画センター:設置条例案否決 県提示の新条例案、自民が了承 /千葉
県生活学習館:指摘の性差書籍撤去 「内容確認し戻したい」 /福井
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/244-2270f63f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。