上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県生活学習館:指摘の性差書籍撤去 「内容確認し戻したい」 /福井(引用記事:毎日新聞【2006/05/12】)

 福井県生活学習館(福井市下六条町)が3月下旬、「内容が過激」と外部から指摘を受け、所蔵するジェンダー(性差)関係の書籍など約150冊を書架から撤去していたことが分かった。今大地晴美・敦賀市議らが11日、「憲法で定められた思想・表現の自由を侵害している」として、速やかに元に戻すよう抗議した。

 同館の情報コーナーには男女共同参画関係の約2600冊の蔵書があり、一般公開されている。今年3月、市民から約150冊を撤去するよう要請があり、職員がまとめて開架から撤去。閉架扱いにし、中傷的な内容がないかなどを職員が確認しているという。同館の定池りゆ子館長は「思想や政治的な立場で本を確認しているわけではなく、確認が終わり次第開架に戻したい。要望があれば貸し出しており、撤去にはあたらない」と説明している。

 一方、今大地市議は「県費で購入した書籍を県民の目に触れさせない行為は、県費の無駄遣い」と指摘。職員らに図書購入費として計30万円を返還させるよう求め、この日、県に住民監査請求した。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/246-0b3595e3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。