上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「家族にもたらされたコンプレックス」ありますか?(発言小町より引用)

私のコンプレックスは「絵が下手」なこと。家族の影響です。大人になり自立した今、その影響から脱皮したいと思っています。
同じような経験のある方、話しませんか?
--
亡き母は絵がうまく、姉は母に似て絵の才能があり、美大に進み国際的な賞をとって、今はデザイナーの傍ら作家活動をしています。
一方で私はとても絵が「下手」。所謂学校の通知表では優でしたが、要求水準の高い母と姉に、常に下手だと怒られ、からかわれ、笑われ、みっともないとため息をつかれ…
私は絵を描く資格のない人間だと思い込み、描くのをやめました。でも本当は絵を描くのも観るのも大好きだったんです。
悔しいけど、母の絵も姉の絵も大好きでした。すごいと思ってました。
大人になった今、のびのび絵を鑑賞しています。また「描いてみたい!」という気持ちになり始めました。
ただずっと自分をおさえていた分、描こうとすると頭が真っ白になります。空っぽなのです。かつて幼い頃、描きたいものたくさんありました。目に見えるもの、空想の世界、それはもういろいろ。 
時間はかかりそうですが、ゆっくり家族の言葉から解放されていこうと今は思ってます。


難儀なことですな。家族の中で、できるできない(能力の高低、有無)で比較されるって話、時々耳にするけれども、他人ならいざ知らず、何があっても味方であってほしい、また、味方でなければならない家族の一員から、そのような接し方をされたら、いたたまれないよなぁ。

とか言っておきながら、自分も気がつかないだけで、兄弟に劣等感をいだかせていたりするかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/271-9a81a852
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。