上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚意識調査:調査結果、パネルで展示 「しなくていい」8割も--高知市 /高知(引用記事:毎日新聞【2006/06/27】)

 ◇結婚観パネルで展示--20~40代の2000人対象
 結婚に関する意識調査結果などを展示する「結婚のはてなパネル展」が26日、高知市役所玄関前で始まった。30日まで。市男女共同参画課が、市内20~40代の2000人を対象にした調査を基に、初めて企画した。
 今年5月に実施した調査の設問は結婚の必要性や結婚しない理由、出生数減少の理由など9項目。「結婚は個人の自由。結婚しなくてもかまわない」という項目には84%が賛成。「必ずしも子どもを持つ必要はない」は60%が賛成だった。
 結婚しない理由に関し、「自由な時間がなくなる」「生計維持に自信がない」といった意見が多く、出生数減少については「経済的負担が大きい」「仕事との両立が難しい」と、厳しい県内景気が結婚や出産を妨げる要因となっていることがうかがえる。
 自由意見としては、「結婚後もスキルアップしたいが、現実には家庭の維持で精いっぱい」という女性の意見のほか、男性からは「男女平等は賛成だが、都合が悪くなると、女性を強調する人も多い」といった声も。同課は今回の調査結果を踏まえ、8月にシンポジウムを開催する。


けどまあ、身も蓋もない言い方をすれば、こういうの少なくないんじゃないかな。

「私と結婚したければ、お金を持っていらっしゃい」

(※『ベルサイユのばら』に登場するポリニャック伯夫人調で)

「それが全てじゃないのよ!!」という御意見は当然あるでしょうけど。

「ぼくが専業主夫するから、きみが外で稼いできて」

こういう夫婦形態も当然あって良いと思うんだけど、まだまだ見聞きしないね。
子供を(持てないのではなく)持たないと決めた夫婦であれば、出産、育児等による退職後の再就職がネックになることもないだろうし。

数年前NHKで放送された筒井道隆と川原亜矢子の「百年の恋」というドラマ、面白かったな。
正に今述べたような感じの夫婦形態の話。

妻が高収入すぎるところは、我々普通の庶民にとって共感しにくい部分ではあるけどね。

(参考)
「非正社員の男性、結婚できない?」 労働経済白書
結婚は、成るも成らぬも金次第
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/289-41301dcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。