上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「子育て応援の店」募集 値引きや一時預かり 県、10月からサービス開始(引用記事:西日本新聞【2006/06/30】)

 県は7月1日から、未就学児のいる家庭を対象に、料金割引や子どもの一時預かりなどを行う「子育て応援の店」への加盟店を募集する。少子化対策の一環として地域社会の中で子育て支援の気運を高めるのが狙い。10月からサービスを開始し、2009年度末までに1万店の加盟を目指す。

 加盟には、商品の値引きやクーポン券の発行のほか、ベビーカー貸し出しや託児所、授乳室、家族専用席の設置など、子育て世代を応援する何らかのサービスを提供することが条件。飲食、物販など業種は問わない。

 県は、申請内容を確認した上で、店頭に張って応援店であることを表示するステッカーを配布する。また、県地域福祉財団のホームページで店舗名や所在地、サービス内容、店の特徴などを紹介する。サービス内容に変更がないかどうかも毎年確認する。

 県のほか佐賀、長崎、熊本、大分各県も同じステッカーを使って同様の取り組みを行う予定で、県を超えた取り組みとなる。

 県子育て支援課によると、県内で就学前の子どもを持つ家庭は約20万世帯。同課は、応援店の数を本年度末までにまず3000店に増やし「子育て支援への理解を広めたい」としている。

 応援店の申し込み方法など問い合わせは県地域福祉財団=092(582)2396。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/291-b17d119c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。