上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
必修履修せず197人卒業ピンチ 富山・高岡南高(引用記事:朝日新聞【2006/10/24】)

 富山県立高岡南高校(篠田伸雅校長、高岡市戸出町)で、地理歴史教科を選択制としたため、3年生197人全員が卒業に必要な科目を履修していなかったことが24日、わかった。同校は県教委とともに卒業資格取得のための方策を協議している。

 同校や県教委によると、学習指導要領では世界史、日本史、地理の3教科から2教科を選ぶことになっていて、世界史は必修となっている。しかし、同校では昨年春ごろ生徒から「受験に必要な教科だけにしたい」との声が上がり、昨年度は3教科から1教科だけの選択でも可能とするようにした。その結果、世界史を履修していないなど、3年生全員が卒業資格を取得していなかったという。

 県教委は全員が卒業資格を得られるよう、冬季講習などで集中的に補習を行うことなどを検討している。篠田校長は「生徒に対し、申し訳なかった。十分説明してできるだけ負担にならないよう対応していきたい」と話している。

 文部科学省によると、履修には50分の授業が70回必要で、時間数を確保できれば卒業は可能という。


確かめたわけじゃないけど、他の学校でも似たようなことやっているようよ。色々なブログやSNSに書かれている意見見るとね。
ばれたか、ばれていないか、ただそれだけの違いということかもしれないね。

教育って何だろうね。
学校自ら嘘をつく。
受験に有利だからと不正を行う。
そんな学舎で学んだ子供たち。
彼らは正義を口に出来るのか。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

文科省が過去に遡って徹底的に調べたら、ぞろぞろ出てくるんじゃない?そして、全員、高校卒業資格取り消しに、なんてね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/365-f3ecf440
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。