上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講演会:中村彰さん迎え「男性から見たDV」--3日・名張 /三重(引用記事:毎日新聞【2006/12/01】)

 夫婦間や恋人などから受ける暴力「DV(ドメスティック・バイオレンス)」に関する講演会「男性から見たDV」が3日(日)午後1時半から、名張市鴻之台1の市役所1階大会議室で開かれる。講演では加害者になることが多い男性に焦点を当て、加害者が生まれるまでのメカニズムなどを取り上げる。
 市が「暴力を受ける女性の視点ではなく、加害者となる男性の視点で問題をとらえることも必要ではないか」と企画した。「男性は強くあるべき」などの間違った男性像が社会に定着していることや、ストレスが生まれる心理的な要因など、男性が女性に暴力を振るうまでの背景などを検証する。
 市が今年5月に開設した男性向けの電話相談「男性の悩みと生き方相談」の相談員で、日本DV防止・情報センター運営委員の中村彰さんが講師を務める。中村さんはDV問題だけでなく、男性学などに関する専門知識がある。
 市男女共同参画室は「市が開設している女性相談でも、昨年度の相談件数の約3分の1はDV関連の相談だった。一人でも多くの人にDV問題を身近な問題として受け止めてもらえれば」と話している。~後略~

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/377-bc69b09b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。