上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョン・ウソン、監督デビュー作ヒロインはシン・ミナ(引用記事:中央日報【2006/12/08】)

俳優チョン・ウソン(33)が自分の映画監督デビュー作のヒロインにシン・ミナを想定しているという。

チョン・ウソンは7日、ソウル鍾路区三清洞(チョンノグ・サムチョンドン)のあるカフェでインタビューを行い、早ければ来年『ラブフラット(Love ♭)』という長編映画監督デビューをすると明らかにした。

彼は「もう4年もこの話をしていて、いつ映画が出るとはっきりいえない。しかしシナリオ作業など具体的な準備に入り、大衆性とは距離の遠い作品になるようだ」と言った。2000年GODセカンドアルバムのミュージックビデオ3編を演出したチョン・ウソンは、この作品を集めて『ラブフラット』というタイトルの14分の短編映画を作り、2002年第1回ミジャンセン短編映画祭に開幕作として出品した。

チョン・ウソンは「まず仮題にしておいて、男に対する話、男女の愛に関する濃い話をしようと思っている」と話した。男性の主役として直接出演する計画だという。相手のヒロインはまだ構想中だが、最近注目している女優としてシン・ミナを挙げて「妙な感じが魅力的だ。若いのに成熟していて、挑発的な魅力がある。godのミュージックビデオで一緒に作業したこともある」とシン・ミナを念頭に置いていることを明らかにした。

チョン・ウソンは「監督デビューをすると言っても、まだあんよを始める段階なのに周りからしきりにロバート・レッドフォードのような巨匠と比べられて重荷だ。俳優の本分を守りながら控え目に始めたい」と付け加えた。

一方、チョン・ウソンは21日公開の映画中天』(ナビピクチャーズ、チョ・ドンオ監督)に退魔者イグァク役で登場する。


とうとう念願の監督デビューだね。
それと、シン・ミナのことについては、サッド・ムービーで競演した際にも絶賛していたものね。
どんな映画になるんだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/386-0fecc65c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。