上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厚労省、適性診断から職探しまで「職」情報をネットで公開(引用記事:日本経済新聞【2005/11/02】)

 厚生労働省は1日から、「職」に関する情報を網羅したインターネットのポータル(玄関)サイト「キャリア情報ナビ」(http://hrd.mhlw.go.jp)の運用を始めた。自分に合った仕事の適性診断から職探しまで、個人の職歴やニーズに応じ多様な情報を入手できる。終身雇用など従来型の雇用慣行が崩れる中、個人単位でスキルアップなどがしやすい環境を整える。
 キャリア情報ナビは、「自分を知る」「職業を知る」「相談する」「職業能力を高める」「仕事を探す」など、テーマ別に国や自治体などの約200種類のサイトを紹介。若年者、高齢者、障害者、企業の能力開発担当者など立場別にも利用できる。
 中でも、特徴的なのは「人材ニーズ情報」で、過去3年間で蓄積した1万社の採用担当者からの情報を分析。業種別の賃金や企業規模、求められる能力などをまとめた。情報は随時更新し、紹介サイトも増やす。


再就職活動する際の情報収集にも役立つかもしれませんね。

(参考)
平成17年11月1日付厚生労働省記者発表資料
キャリア情報ナビ
ビジネス支援ネット福岡
福岡県庁ホームページ [ 「育児等退職者再就職支援事業」~育児や介護などを理由に退職した方へ~ ]
応援します!女性の再就職 ~アドバイザーがあなたをサポート~(Qでん百科2003年2月28日放送)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/41-05bad08c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。