上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦で寮住み込み、「授業中も実労働」と時間外賃金支払い命じる判決(引用記事:読売新聞【2007/01/23】)

 筑紫女学園高校(福岡市中央区)の寮に住み込みで働く夫婦(50歳代)が「生徒がいない日中も様々な仕事をしており、時間外の割増賃金が支払われるべき」として、同校を経営する筑紫女学園(福岡県太宰府市)を相手取り、総額約2950万円の支払いを求めた訴訟の判決が22日、福岡地裁であり、村上泰彦裁判官は学園に全額の支払いを命じた。

 判決によると、夫婦は2000年、約30~50人が入居する寮の寮監、寮母として学園と契約。平日は生徒が起床する30分前の午前6時に始業し、消灯の午後11時まで働いた。裁判では、生徒たちが学校に出かけている午前8時半~午後5時は実労働時間か休憩時間かが主な争点となった。判決で村上裁判官は「遅刻や欠席した生徒のケア、来客への対応、郵便物・宅配物の受領などの業務が義務づけられており実労働時間にあたる」と判断。夫婦とも1日の労働時間を7時間とし、時給(約1200~約2000円)を算出。時間外労働を9時間と認めた上で割増分25%(平日早朝)~60%(休日深夜)を上乗せした。

 夫婦は05年9月に提訴し、労働基準法の時効にかからない過去2年間分の割増賃金を請求した。

 労基法では、管理者や断続的労働の従事者は、時間外労働の割増賃金の規定が除外されると定めている。学園は提訴の2か月後に「夫婦の業務は断続的労働にあたる」として福岡中央労基署に適用除外を申請。昨年1月に許可され、学園側が時間外労働の割増賃金を支払う必要はなくなっている。夫婦側は、この許可処分の取り消しを求める訴訟を福岡地裁に起こしている。

 原告代理人の林健一郎弁護士は「夫婦は精神的に一日中、仕事に縛られている。交代要員を置くなどして業務から解放される措置を取るべきだ」と話す。

 筑紫女学園総務課の話「意外な判決。控訴する方向で検討したい」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/430-4cd2d4a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。