上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日は開店している定食屋が少ない。普段利用する店は皆閉まっている。普段は何とかやりくりしていたのだが、今宵はどうしても外で定食を食べたい。そこで、いつもの店よりは少々高めの値段設定だが日曜日も開いている駅前の定食屋に食べに行くことにした。初の試みである。

本音を言えば、その値段の高さゆえにあまり気乗りしなかったのだが、実際には満更でもなかった。
その店は定食を注文すると白ごはんがお代わり自由であった。それは、さして珍しいことでもなさそうが、この近辺では、このシステムを適用する店はもはや無くなっていた。しかも、それだけではない。この店では、ごはんのおひつが店内に設置されており、自分でお代わりしたい時に店員の目を気にすることなくお代わりに行けるところが特徴であった。
「居候、三杯目にはそっと出し」ではないが、お代わり自由と銘打たれていても、「すみませーん、お代わり下さい」と店員に申し出るのはなかなか勇気のいることである。
「自由っていうことは何回でもしていいってこと?」などと、誰でも頭の中では一度は考えるだろうが、実際に複数回お代わりなどできるものではない(※私は幼少の頃、某ラーメン屋で二回目のご飯お代わりを申し出ようとして母親に制止されたことがある。「どうして?お代わり自由ってなっているよ」と反論したものの許してもらえなかった。しかし、今では母親の気持ちがよく分かる)。
しかし、この店では客に心おきなくお代わりしていただこうと気配りしているのだ。何ともうれしい心遣いではないか。しかも、定食を注文した際に、店員はこう言った。
「お代わりのご飯はあちらにございます。ご自由にどうぞ」と。

完璧である。

しかし、喜びに浸る私を一転戦慄に陥れる出来事が起きることを、この時の私はまだ知らない。

お代わりしたご飯と生姜焼きに舌鼓を打っていたところ、体格がよく、パッと見、柄の悪い金髪坊や達が5,6人入店し席に着く。俗に言う、ヤンキーチーマーという輩だろう。時折、彼らからのものと思しき、耳をつんざくような笑い声が聞こえてきた。
私の食事も終わり、席を立とうかと思った頃、何やら店内が騒然とし、先述の坊や達がそろって店の外に出た。しかし、彼らの茶碗を見ると白飯がてんこ盛りに盛られている。そういえば、先程お代わりをする姿を目にした。はて、どういうことか。店への嫌がらせか。
様子をうかがっていると、店の外で黒髪の若者を取り囲み、襟をつかみながら何やら凄んでいる。そして、裏道に引っ張っていく。
一方、店内に目を向けると、先程の坊や連中のうちの一人が店内に戻り、黒髪の若者の連れと思しき女性に同様に凄んでいる。見ると彼女は泣いているようだ。

その坊やが再び店外に出た後、私は今がただならぬ事態であることを認識し、辺りを見回す。すると、後ろのテーブルの家族のうちのお母さんと思しき女性が携帯電話で電話をかけているのが目に入る。夫と思しき男性に「かわいそうよ」と答えているのが聞こえる。おそらく110番をしているのだろう。
私は私で店員(女性なのだが)を呼び、男性が外に連れて行かれたことを告げ、しかるべき処置を執ること(すなわち警察への連絡)を暗に求める。

店員は女性のところへ赴き、事情を尋ねているようだったが、かたや、後ろのお母さんが電話で「ああ、もう店の人が連絡したようです」と話している声も聞こえる。
「本当か?この店員は連絡したのか?」
苛立ちを覚えていると、店内に坊や連中のうちの一人とおぼしき者が戻ってきて、笑みを浮かべながら店員に事情を説明している。どうやら、黒髪の若者が彼らを”ちら見”したのに腹を立てたらしい。つまり「ガンを付けた」者に対して因縁を付けたということなのだろう。彼らの一方的な言い分によれば。そりゃ見るだろう。乱痴気騒ぎすれば。

まあ、話は分かったが、それで、黒髪の若者はいったいどうなってしまうのだろう。不安は消えぬ。警察も現れぬ。

事態を確認すべく店を出る。すると坊や達が裏道から戻ってくるのと出くわす。
黒髪の若者も一緒だ。ぱっと見、殴られた形跡も見られない。凄まれて終わったということか。

よかったあ。私の出番が生まれなくて。財布にはちょっとお金も入っていたし。
今度は自分が連中と目を合わせて、因縁を付けられてはつまらないと思い、その場で即座に回れ右をする。

一仕事終えたとばかりに満足げに店に入っていく坊や達と入れ違いに、哀れなカップルが店を出てくる。かわいそうに。まだ食べ終わっていなかっただろうに。もったいない。
黒髪の若者は上着のシャツをしきりに確かめている。心なしか、シャツは伸びてよれよれになったように見える。ただ、五体満足で解放されて良かったね。不幸中の幸いとはこのことぞ。連れの女性も何もされなくて良かった。

表通りにはパトカーが一台見えた。ひょっとして今回の件で呼ばれたパトカーだろうか。だとしたら遅い。もう全て終わった後だ。

それにしても、割り切れぬ思いが残る。
結局、お行儀の悪いチーマーは野放しのまま。善良な市民に恐怖感が残っただけ。
一番大きいのは、自分自身が何も果たせなかったという無力感だろうか。
例えば、全てが終わった後ではあるが、ひとり店に戻り、彼らにお説教を、というシミュレーションも脳裏をよぎったが、その後の展開では、彼らからの失笑もしくは、それこそ今度は自分が裏道に連れて行かれボコられて財布を取られるというイメージが浮かぶのみ。それはそれで一興なのだが、果たして意味があるのだろうか。平成日本のドン・キホーテよ。まあ、サンダーバード事件の二の舞だけは回避できたので、そのことだけでも良しとしようか。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

しかし、やっぱり割り切れぬ。
せっかく見つけたお代わり自由の定食屋なのに、、、ってそっちの心配かよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/460-9e00fd0f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。