上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分にデリカシーが欠けていることなんて疾うに自覚している。
何度も何度も再認識させられてきた。
けれども、そうやって糾弾される時は、いつも辛い。虚しくなる。
自分が変われない、変わらないということへの絶望よりも、「デリカシーに欠ける」と私を糾弾する人が、「悪いのは全てお前」とばかりに責任の所在を全て私に求め、口汚く罵り、自分の言いたいことだけを言って去っていくこと、その理不尽さにやるせない気持ちになる。

優しさ、思いやりを相手に求めるはずの人が、なぜにそのように残酷に、そして身勝手に振る舞えるのかと。

そうやって、結局は自己弁護に走り、自分を慰めようとするから、結局何も変わらないんだな。

人を喜ばせたい、沈んでいる人を笑わせたい、困っている人、苦しんでいる人の力になりたい。

思い起こせば、幼稚園の頃からずっとそのように思ってきたけど、独り善がりでいつも空回りし、失敗を重ねてきた。
周囲に迷惑をかけるだけかけて、批判の刃が自分に向けられるだけで、後には何も残らなかった。結果だけ見れば、何もしない方が良かった。

嗚呼、もう嫌だ。自己弁護自己弁護自己弁護。

結局これだ。そして、何も変わらない。

それでも前に進まねば。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/465-13d62a3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。