上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.27 浦島太郎
チュートリアルが母校に帰る企画ものの番組がやっていた。
土曜の午後、地方局制作のよくある番組である。

番組の中で、かつての同級生達と対面シーンがあったが、皆、彼らとは異なりオッサンと化していた。

そこでふと自分のことを思い出した。

私も社会人になってから、高校時代の部活の仲間などと会う機会があったが、彼らが開口一番口にするのが
「全然変わっていないね」ということ。腹を抱えて笑いながら。

一方、そういう相手に対し
「オマエ、おっさんやないか。立派に光輝いちゃってからに、あらららら」と心の中で思いつつも、時代に取り残されたような寂寥感に襲われ、口に出すことは出来ない。

私は別に芸能人でも何でもない、ただの市井の民であるが、変わらないのである。
とりあえず、外見は。

人は私のことをこう呼ぶ。

「年齢不詳系」と。

人が3人集まると、私の話題になる。
「あの人、いったい何歳なんだろうね」

ある日、彼らの代表が意を決して私に尋ねる。
「みんな気になっていたんだけど、いくつなの?」

私は機械的に答える。
「何歳でも良いですよ。あなたがたが好きに決めてください」
と。
いつものことだ。
回答マニュアルに常套句として掲載できる台詞だ。

10年後、20年後、いったいどんな私がいるのだろうか。
そらおそろしい。

小学生時代のかつてのある同級生の今の写真を見たことがある。
なるほど。年相応の姿だ。
私の記憶の中に残るものとは異なる姿がそこにあった。

もしも彼らと会うような機会があれば、ぜひ言われたい。
「お互い年取ったね」と。
一緒にあさっての方向を見つめながら。

私の夢の中では、私も彼らも皆、半ズボン姿でドッジボールを楽しんでいる。

そんな少年時代。眠るたびに何度でも蘇る。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/471-28715930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。