上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性ドライバーだけのタクシー事業がスタート(引用記事:産経新聞【2007/12/11】)

 運輸・観光事業などを手がける岡山市の「両備グループ」(小嶋光信社長)は10日、乗務員が女性ばかりの「両備グレースタクシー」(同市国富)の業務をスタートさせた。執行役員・営業本部長にも女性を登用するなどした新しい事業で、女性管理職によるタクシー会社運営は全国初という。

 通園・通学や塾への送迎などが主な業務で、利用客、従業員双方の子育て支援に特化した投資的事業。投資総額は1億2000万円。男女雇用機会均等法施行以来、女性の活躍の場が広がる中、きめ細かな心遣いとともに、安心・安全・快適な「空間」の提供を目指す。

 保有車両は小型のみの10台。外装は、黄色を基調に、緑色で「グレースタクシー」と英語表記。内装も黄色の総革張りシートにした。

 乗務員は、31~54歳の13人で、多くが主婦業を抱える。うち、3人が現在、修学中の子供を育てているほか、7人が子育て経験者。9月末から募集を始めたところ、約40人の応募があり、新規採用された8人が教育センターなどで、すべての研修を終えた。

 3人の子供がいる新規採用の武澤洋子さん(39)は「6年前に2種免許を取得したきり、まったく利用していなかったので、ちょうどいい機会だと応募しました。とてもやりがいのある仕事です」と意欲を燃やしていた。

 この日の開業・出発の記念式典には、同グループや中国運輸局などの関係者らが出席。テープカットなどのあと、招待された近くの幼稚園児ら約40人が順番に初乗りを楽しんだ。

 式典で、小嶋社長は「女性の気持ちが分かるタクシー業界の新しい“アンテナショップ”として、今後の女性スタッフの活躍に期待したい」と述べた。

 執行役員の槙尾恵さん(42)は「おもいやりと、もてなしの心を提供し、車内空間を、笑顔で会話を楽しむサロンと位置づけ、働く親たちのサポートのために頑張ります」と話した。

 同社では今後、台数を約30台に増やす計画のほか、先行の「なでしこタクシー」(広島県)とのドライバー同士の交流も行う方針。問い合わせは同社((電)086・263・3333)へ。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。