上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
県の「子育て応援」1000社突破 4企業・事業所を表彰 講演や従業員の討論会も 福岡市で大会(引用記事:西日本新聞【2007/11/28】)

 企業のトップが仕事と育児の両立を宣言する県の「子育て応援宣言企業」の1000社突破大会が27日、福岡市中央区のソラリア西鉄ホテルであった。

 大会では、積極的に子育てを応援した、岩田屋(中央区)▽エフコープ生活協同組合(篠栗町)▽カトリック光丘幼稚園(博多区)▽社会福祉法人藤の実会の特別養護老人ホーム七樹苑(西区)‐の4企業・事業所が表彰された。

 また、富士通総研主任研究員の渥美由喜(なおき)さんが「経営戦略としてのワーク・ライフ・バランス」の演題で講演。「今後50年で労働人口は3分の1に消失する。子育てをする者にとって働きやすい職場かどうか、その差が企業に明暗をもたらしていくだろう」と語った。

 子供を持つ、女性従業員4人によるパネルディスカッションもあり、「(企業の)育児休業について、もっと現場の意見を聞いて、柔軟な制度に変えてほしい」という指摘もあった。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。