上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若い男性、年収少ないと結婚率低い 独立行政法人調べ(引用記事:朝日新聞【2005/08/04】)

 若い男性の結婚率が、雇用の形態や収入の違いと強い結びつきがあることが、独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査でわかった。25~29歳でみると、年収が500万円以上あると半数以上が結婚している一方、パート・派遣など非正規雇用者の結婚率は14.8%にとどまった。晩婚化や非婚化は若者の価値観だけの問題ではないことが鮮明になった。

 仕事の有無や内容、家族関係などについて5年ごとに調べる総務省の就業構造基本調査(02年、対象約44万世帯)のデータを同機構の「若年移行支援研究会」が分析した。

 まず何らかの仕事をしている有業男性の結婚率は、25~29歳では32.4%、30~34歳は57.2%だった。

 これを年収別に集計したところ、25~29歳の年収1千万~1499万円では結婚率72.5%に達しているのに対し、年収250万~299万円では26.3%、300万~399万円は35.6%にとどまる。

 30~34歳では年収300万円以上で過半数が結婚しているが、高収入層ほど結婚率も上がるという傾向は変わらない。

 雇用形態で見ると、30~34歳の正社員の結婚率は59.6%、自営業者は64.5%だったのに対して、非正規雇用者では30.2%と半分以下だった。

 さらに仕事をしていない無業男性の結婚率は、25~29歳で7.5%、30~34歳で15.8%にとどまっている。

 小杉礼子副統括研究員は「少子化につながる晩婚化、未婚化と、若者の就労問題は切り離して考えられない。とくに最近はパートや派遣など非正規雇用が増え、収入面で結婚に踏み切れない人が増えているのではないか」と話している。

    ◇

■若年男性の結婚率と年収などの関係

(02年時点、年収の単位は万円、結婚率は%)

            25~29歳   30~34歳

有業者全体       32.4    57.2

(うち年収別)

  100~149   15.3    29.6

  150~199   17.4    34.0

  200~249   22.8    40.8

  250~299   26.3    42.3

  300~399   35.6    52.9

  400~499   43.9    62.5

  500~599   52.7    71.0

  600~699   57.6    78.9

  700~799   52.2    76.6

  800~899   50.8    74.3

  900~999   42.3    65.1

1000~1499   72.5    71.1

1500 以上     73.9    90.0

(雇用形態別)

正社員(役員含む)   34.7    59.6

非正規雇用

(パート・派遣など)  14.8    30.2

自営          47.9    64.5

無業者全体        7.5    15.8



昔のニュースですが、当時気になったニュースですので一応残しておきます。
私以外にも多くの人がコメントされていますが、ちょっとリアルな結果で嫌になりますな。あっしらのような、うだつの上がらないブサ男には夢も希望もない世の中でやんす。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

(参考)
福岡県庁ホームページ [ 出会い応援団体を募集します!! ]
福岡県庁ホームページ [ 企業・事業所の「子育て応援宣言」募集! ]
福岡県庁ホームページ [ 「育児等退職者再就職支援事業」~育児や介護などを理由に退職した方へ~ ]
男性、女性、それぞれ結婚相手に求めるもの(出展:発言小町「男性のみなさんに聞きたい!35歳からの結婚」)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/48-698eb993
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。