上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩手・盛岡市で成人式の式典中に若者が騒ぎ出す サスケ議員と若者が一触即発の状態に(引用記事:岩手めんこいテレビ【2006/01/09】)

成人の日の9日、岩手・盛岡市主催の「盛岡市成人のつどい」が開かれたが、盛岡市長のあいさつが始まろうとした瞬間、新成人が騒ぎ出した。
来賓として出席していた岩手県議会のザ・グレート・サスケ議員が、男性を外に連れ出そうとすると、サスケ議員を阻止しようと若者が乱入した。
その後も、新成人たちは騒ぎを続けた。
そして式終了後には、「見た? サスケとのからみ? いい感じだったでしょ? おれがおれがって」などと話す若者もいた。
サスケ議員は「来賓として出席したのは初めてだったけど、これが例年続いているのかなという...。市長も議長も壇上にいる中で無防備です。あまりにも。何で制服の警官がいないのか不思議」と話した。


19時台のNHK全国ニュースでも取り上げられていましたね。プロレスラー相手に立ち向かう度胸(蛮勇とも言う)は買いますが、10人20人で連んで粋がってもね。
来年からは成人式参加者に一筆誓約書を書いてもらいましょう。

「私は、第○×回チャーザー村成人式に参加するにあたって、式典中に奇声を発したり、会場内を徘徊する等の騒擾行為を行った場合には、来賓として参加したプロレスラーから岩石落とし(別名:バックドロップ)を喰らう等の制裁を受けても、主催者の責任を追及しないことを誓約の上、参加を申し込みます。」
とかね。正に、リアル・バトルロワイヤル。

サスケはバックドロップあんまりやらないけど。飛び技のほうが得意だからね。

※民法第90条があるから、実現不可能かな。残念。あ、でも死ななければ大丈夫かも。

(参考)
ザ・グレート・サスケとは?
みちのくプロレスの象徴であり、インディーの代名詞こと大仁田厚から「邪道」を継承した男
(※今回初めて知った人もいるようですが、マスクはマスクマンの命であり、顔そのものなのです。サスケは入浴中もマスクを脱ぎません。当然です。顔なのですから。よって、議場だろうと成人式会場だろうとマスク姿以外ありえないのです。当然です。あれが素顔ですから)
・サスケ県議の得意技
(飛び技系)ラ・ケブラーダ、ライダーキック、サスケスペシャル1号2号
(ボム系)サンダーファイヤーパワーボム(※大仁田厚参院議員の代名詞的な技でもありますな)
未成年ならいざ知らず、みな成人しているのだから、躊躇することなく会場の外に連れ出して銃殺しちゃえばいいのに。会場に軍隊配備してね。

殺るか殺られるか、生き残りたければ、強くなれ。

これぞ、命がけの成人式。

なーんて、無茶なことは言わないよ。理想主義者ですから、私。

【現実的な解決策】
1 成人式の会場をプロレス会場で使用している体育館等の施設に決めておく。
2 あらかじめ会場内にリングを設置しておく。
3 式典が始まり自己顕示欲にかられ暴れ出した坊や達を速やかにリング上に誘導する。
4 来賓客のサスケ、若しくは大仁田厚と思う存分戦わせる。
5 坊や達とサスケとの間に友情が芽生える。
6 真の成人として更生。

意外と、数年後、あの坊や達、みちプロでルードレスラーとしてデビューしているかもよ。

嗚呼、日々是相田翔子なり。


でも、本当にサスケが市長の演説している壇上に駆け上って、坊や達にケブラーダ炸裂させたら、爆笑しただろうな。(※坊やにも、空気読んで技受けてもらわんといかんけどね)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/50-0167035b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。