上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.23 生命
エアープランツなるものを購入した。
マグヌシアーナ、そしてフックシー(おそらく)。

自宅と研究室とでそれぞれ育てようと思う。

生き物と共に暮らしたい。そういう欲求が強く芽生えたことを受けての行動。

大震災以降、確実にそれまでとは人生観が変わってしまった。

頑張ろう。頑張ろう。

世間では大合唱だ。

確かに、頑張らねばならないのだろう。

しかし、私は日々、言い様のない不安にさいなまれている。今までの人生の中で、こんなこと初めてのことだ。自分の力ではもはやどうにもならない不安の種。放射能汚染。

日本から逃げ出してしまえば確かにその不安も解消されるだろう。しかし、私はこの国で生きていかねばならない。ここは私の祖国だ。

原発については、様々なの意見がある。原発なくして、どうやって必要電力を確保するのかと。現状維持派の人は言う。
私たちは、生活をどのように変えれば、原発に頼らずに生きていけるのだろうか。

万が一の可能性から目を背けてきた結果がこのたびの大惨事。飛行機だって列車だって事故はある。万が一は存在する。そのリスクを承知で人は便益を享受すべく、それらを利用する。しかし、その、万が一が起きた時のコストが尋常でないことに、人々は初めて気がついた。自分一人の命だけではすまない。将来に渡って、土壌が、水が、空気が汚染される。そのような危険と隣り合わせで得られる便益とは、何と罪深いものだろう。

核兵器。人々は知ったような顔をして、それを保持することの意義を説いてきた。反対する者への批判と共に。保持してこそ、安全と秩序、及び敵に対する優位が得られるのだと。

人間とは何と悲しい生き物だ。敵の存在の必然性は、他者にとっての己の存在の敵性と同義だ。
自分の保有する核兵器のために自国が滅びでもしないかぎり、人は核を保有したことを後悔できないのだろう。

風の谷のナウシカの世界への道か。
マグヌシアーナ

フックシー

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。