上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このラジオ番組は開始以来ほぼ毎回聴いているもので、私にとっては、ご老人にとってのNHKラジオ「深夜のバカぢから」間違えた、「深夜の宅急便」これも違う。思い出した。「ラジオ宅急便」だ。そう、ご老人にとってのラジオ宅急便(深夜便だろ)のような存在、つまり、きってもきれない生活の一部ということだ。

さて、私が気になったこととは何なのか。
この番組「柴田淳の月と太陽」のパーソナリティを務める柴田淳さん。前回の放送で、歌手の池田綾子さんと”メル友”であることを告白。そして、彼女について「好きな歌手は実はそんなに多くはないが、池田さんはその少ない中の1人であり、彼女の声に憧れる」確か、そんな評価内容だったであろうか。

メル友。ここです、気になるのは。

何ですか、メル友って。友達とは別物なんでしょうか?マニュアル車用の免許に対するAT車用の免許、言うならば、ちょっと友達、略してチョイ友(または準友達、略して”淳友”なんてね。なかなかうまいこと言う(自画自賛)。だじゃれん坊将軍な私)?

なんか、メル友って聞くと、ネットもしくは携帯電話で知り合った見ず知らずの知人(知りもしないのに”知人”というもの妙な話だが)を思い浮かべてしまうのです。ハイ。

主にコミュニケーションを図る手段が携帯電話もしくは電子メールだということだと思うんだけど、できれば、
「友達!」って言いきって欲しかったね。なんかちょっと遠慮のある感じが気になっちゃったのさ。

そういう私は、”愛と勇気”だけが友達だけどね。

嗚呼、日々是相田翔子なり。

別にいいんですけどね(知る人ぞ知る、この決めゼリフ。この部分、柴子氏読んだら、にやつくだろうな)。

(補足)
月並みな言い方ですが、柴子氏は、真っ当な人間だと思います。ずっと見続けてきた私は、そのように断言する(あんた、育ての親か)。
しかし、こんなこと書いたら、私もコンサート会場に大勢いる”手提げ男”だと思われてしまう。

濁声(だみごえ)ではありませんよ、ジェントルな私は。

決めゼリフの後、長すぎーーーーーーーーーー。終了。
柴田淳さん。そして、池田綾子さん。
君たち(ぼくの方が年上だからね)きっと良い友達になれると思うよ。二人とも”いいひと”っぽいし、互いに好印象抱いているようだからね。ついでに私も混ぜて3人で友達なんていうのも楽しそうだと思うんだけどいかがかな?(この提案)

”しばじゅん”へ。
今度ラジオで取り上げる時はきちんと”友達”と言ってね。

アラッチ?(と韓国語で約束を迫る私。カタカナ使うな、ゴルァ)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsunekiyo.blog25.fc2.com/tb.php/54-b5919c2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。